晩節の研究 偉人・賢人の「その後」 (河合敦)

「晩節」と言えば「汚す」が思い出されますが、歴史上の人物30人(古くは小野妹子から榎本健一まで)に対して「歴史上輝いていた時」ではなく「その後」を解説した本。でも、偉人たちのすべてが「汚す」晩節ではないようです。もう少し意外な人生が待っていたのかと期待が大きかったこともありますが、なんとなく印象が薄かった感じです。

| | コメント (0)

medium 霊媒探偵城塚翡翠(相沢沙呼)

霊媒師が探偵だなんて、ちょっと苦手だなって思い、普通なら読まないのだけど、読んだ人としか話が出来ない「謎」に興味があって手にして作品。
「令和元年最驚の謎」って帯にありますから、最初から構えて読んでしまいました。そのために、早くから犯人はこいつだって思いこみで読んでしまいます。帯なんていらない作品だったのに(笑)。それでも「怖い」くて「痛快」なラストを堪能できました。ほんと、「怖いけど痛快」って言葉につきます。怖いと思うのは男性だけかな?

| | コメント (0)

犬も歩けば英語にあたる(坂之上洋子)

短いエッセイなのになんか役に立つ話がいっぱいで、文化の違いを面白く優しく包容力たっぷりで聞かされた(読んだのだけど)感じです。英語が話せたらいいなあ、それもアメリカで生活する中でその文化を肌で感じながら、、って思わせる1冊でした。

| | コメント (0)

流浪の月(凪良ゆう)

凄い作品だ。今年(どころかここ数年で)最高の傑作。
ラクビーW杯スコットランド戦ではビールを飲むのも忘れて見入ったが、この作品は息をするのも忘れて読んだ。それくらい魂が本の世界に吸い寄せられて一気読みどころか、読了感で寝付けなかったくらい(笑)
魂を吸い取られて抜け殻になった現実の世界ではシューベルトの未完成交響曲が無性に聞きたくなり何年振りかに聞いた(読書中のBGMに3回も)
この本自体には期待は少なかったし、物語自体は好きな感じじゃないけど、読むにつれて目が離せずに次を読みたくなる状況に。
人が人を理解することや「事実」から理解することの残酷さ、それを知るのは「真実」を知っている者(読者)だけだ。感情移入も相まって、主人公を痛みから解放させてあげたい、救いを与えたいとラストまで読み進めてしまう。
人が人を理解することの難しさや残酷さという毒がありながらも、それでも人を救うのも人だと言う事を感じさせてくれるのは、主人公・更紗の強さのようにも思える。最後には、更紗たちの将来に幸あれと祈りたくなる気分だった。
本屋大賞ノミネート候補作として読んだのだけど、「育児書」の中にあるいい話が選ばれる傾向があるので、「夕食にアイスクリームを食べる」この作品が選ばれるかどうか注目したい。

| | コメント (0)

祝祭と予感 (恩田陸)

「蜜蜂と遠雷」のスピンオフ短編集。「蜜蜂と遠雷」の原作を読んで映画を見たから読んだ作品。「鈴蘭と階段」が一番いい話でした。しかし、浜崎奏は映画には出ていない(^^;。ホフマンと風間塵の出会いを描く「伝説と予感」もいい(短編で描くとありそうなシーンになってしまっているのが残念ですが)。薄くて文字が大きいので一気読みでした。

| | コメント (0)

明日 一九四五年八月八日・長崎(井上光晴)

1945年8月8日の長崎の生活を描いた作品。タイトルの明日と言うのは、翌日原爆が落ちる日。決して明るい日ではなく黒い日なんだろうけど、それを知っている今読むから意味があるのだろう。しかし、登場人物たちは明日のことは何も知らない。私たちの日常も明日はどうなるか分からない。大量破壊兵器でなくても交通事故にしたって、あっという間に幸せを奪っていくのだから。しかし、作品そのものとしては、どうだろう。期待していたものとは違っていました。

| | コメント (0)

ニュータイプの時代(山口周)

これはいい本でした。一読の価値ある本。新たな気付きや勉強になる点が多く、先日聞いた日本マイクロソフトの平野社長の話とあいまって、ニュータイプが活躍する時代になっていくような気分になります。もちろん、宇宙世紀0079年の話ではないです、って言うあたり自分が既にオールドタイプ(笑)。オールドタイプの価値観で生きてきたのですから、それはしょうがないにしても、新しい時代の新しい価値観を許容する器を持っていたいものです。

| | コメント (0)

トリニティ(窪美澄)

トリニティとは三位一体と言う意味があるとか。ここで描かれる女性3人が三位一体と言う意味もあるのだろうけど、昭和の時代に女性が自らの才能で「仕事」も「結婚」も「子供」って大切なものをどれも得ようすると必死にならないといけない時代だったということなんだろうなあ。
 
東京五輪の1964年に創刊された伝説の雑誌「潮汐ライズ」の表紙を飾ったのは無名のイラストレーター「早川朔」でデビューした藤田妙子、その雑誌のフリーライターが三代続くモノ書きの家に育った佐竹登紀子、そしてその出版社の事務職だったのが宮野鈴子。
 
この三人はこの時に出会って、三位一体と言う意味で言うと、学生運動が激化して1968年10月に起きた新宿騒乱事件に3人で出かけたシーンに強調される。学生たちデモ隊の行動に触発されたのか、「ふざけるな! 男どもふざけるな! 女を下に置くな!」「男の絵なんか描きたくない! 好きな絵を好きなだけ描きたい!」と叫ぶシーンは印象的だ。
 
現在は72歳から78歳になる彼女たち、私よりもやや上の年代だけど、激動の昭和平成を女性として悩みながらも生き抜き、その結果がどうであれ、その必死に生きたことが今の時代につながっているのだろうと感じた。
前半は、妙子の生い立ちシーンが面白いと思ったけど他はなかなか読み進めなかったけど、新宿騒乱事件からそれぞれの家庭での悩みに行くあたりから徹夜読みになりました(^^

| | コメント (0)

«店長がバカすぎて(早見和真)