人を活かす経営 (松下幸之助)

社長になって17年、今になって読むのも恥ずかしいものですが(^^;、それでも「人は忘れるもの」と書かれていたように、繰り返し自分自身に言い聞かせ、自分を説得しないといけないわけですね。松下さんの話は平易で具体的で、それでいてどれも 「信用」...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホスピスという希望: 緩和ケアでがんと共に生きる (佐藤 健)

妻がホスピスに入って50日間、先月、そこで最後を看取っただけに、残された時間が短いからこそ自分らしく人間らしく生きる場所と言う考え方には大いに共感するところ。医療と言えば辛くても苦しくても延命して、いずれは元の健康な体に戻るという発想ですが...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

翼がなくても(中山七里)

陸上200m走でオリンピックを狙うほどの力を持つ沙良が交通事故に巻きこまれ、左足を切断せざるをえなくなる。しかも、加害者は幼馴染みのだった。さらにその幼馴染は殺害され、5000万円の保険金が掛けられていたことが判明。って書くとすごいミステリ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かがみの孤城(辻村深月)

「一気読み必至!」ってタイトルでしたが、前半の7人の学校に行けない中学生の話あたりが、なかなかのめり込めずに苦しんでいましたが、中盤から後半にかけては本当に一気読みでした。7人の居場所を失った中学生が、鏡の中の世界で出会う不思議な城、そこに...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がん消滅の罠 完全寛解の謎 (岩木一麻)

がんが消滅する!?医者から余命半年の宣告を受けた肺腺がん患者が、生前給付金特約保険で3千万円を受け取った後も生存していて、しかも、その後、がんそのものが綺麗に消えているという事例が4件立て続けに起きている、、、って、こんな大風呂敷を広げた謎...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツバキ文具店(小川糸)

鎌倉に似合いそうな代書屋さんの話。時間の流れが手紙と言う媒体と相まってゆったり感じます。登場人物ではバーバラ婦人が重要な位置づけにあり私が一番好きなキャラです。彼女の「幸せになれる秘密のおまじない」「心の中で、キラキラって言うの。目を閉じて...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~

最近はあまり映画の話を書かないのだけど、久しぶりに書いてみます。

Chia_3

チアダンの映画で注目すべきは主人公の「ひかる」
1年目 福井県予選敗退
2年目 全国大会4位
3年目 全米制覇(全米予選7位で決勝で逆転優勝)
笑顔と秘めた才能があるひかるですが、欲がなく楽しくみんなと踊ることが好き、それが許されるは、福井県予選敗退の「福井から抜けられない『福井地獄』」レベル。次の年の福井県優勝するあたりまではチームワークでどうにかなるレベルと言えるでしょう。このあたりから、さらにレベルアップするには、ひかるの仲良し意識がチームにとって邪魔になります。自分に厳しく欲をもっと持って臨まないと、それ以上にならないというわけです。さらに全米大会に出て優勝と言う「結果を残す」ためには、これはもう自分の生き方や価値観までも封印して結果のためにベストな選択をするという一点に絞られてきます。映画の中でも、ひかるが先生を軽蔑するというシーンがありますが、それはひかるが持つ価値観の賜物で、それはそれで素晴らしいのですが、それだけでは「頑張ってよかったね」で終わってしまう、そのところを見越して結果にこだわったのでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜜蜂と遠雷(恩田陸)

ピアノコンクールを題材にしていると言うだけで個人的には冷静に評価なんかできません。とにかく面白かった(って月並みな言葉しか出てこない)。読み進めていくと後半は冗長的な印象が強いけど、それも必要悪なのかもしれません。50を過ぎてからピアノを習...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«夜行(森見登美彦)