そうか、もう君はいないのか (城山三郎)

初めて読む城山三郎さんの本。タイトルが秀逸。実は、先日、佐々木常夫さんの講演で自著「そうか、君は課長になったのか」というのがこの本のタイトルがヒント言う話を聞いて知った次第なんです。四つ年下の妻の容子さんを癌で失った城山さんが、彼女との出会...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育委員会改革5つのポイント―「地方教育行政法」のどこが変わったのか(村上祐介)

最近、2014年に改革のあった教育委員会の勉強ってことで、読みました。こちらも分かりやすかったですが、先に読んだ本が改革に否定的なニュアンスだったのに対して、こちらは改革に問題点があっても本来の趣旨に沿って活動することを助言するようなニュア...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育委員会は不要なのか――あるべき改革を考える (中嶋哲彦)

勉強のために読んでみたけど、なるほど改革の中身も視点を変えるとこう映るのかと勉強になった

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死別の悲しみに向き合う─グリーフケアとは何か (坂口幸弘)

今の時期にしか読めないかなと思って選んだ本です。こうしたことに関しても研究されているというのは素晴らしいことだなとまずは感心します。この本を読んで「死別」とはきわめて個人的な体験であることと、そのことから悲嘆との付き合いもきわめて個人的なも...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池上彰の「日本の教育」がよくわかる本 (池上彰)

教育についてザックリ知りたいと思った勉強のために。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カモメになったペンギン(ジョン・P・コッター(著), ホルガー・ラスゲバー(著),野村辰寿(イラスト),藤原和博(翻訳))

「チーズはどこへ消えた?」では状況変化への対応を寓話で綴ったのですが、それに似た手法で「組織改革のプロセスの大切さ」を言っています。しかし、どうも、この手の内容をここまで解説的に書くのなら、寓話である必要があったのかどうか。「カモメになった...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日が小さな修行(塩沼亮潤)

千日回峰行を満行した方が書かれた本で、そうした修行をやり遂げた方だからこその言葉の重みや輝きがあるように思います。修行の厳しさとは逆に本書の内容は分かりやすく優しさを感じる言葉です。「最後まで続けなければ意味がない」とか「曇りの日もあれば雨...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人を活かす経営 (松下幸之助)

社長になって17年、今になって読むのも恥ずかしいものですが(^^;、それでも「人は忘れるもの」と書かれていたように、繰り返し自分自身に言い聞かせ、自分を説得しないといけないわけですね。松下さんの話は平易で具体的で、それでいてどれも 「信用」...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ホスピスという希望: 緩和ケアでがんと共に生きる (佐藤 健)