« 春日井貞崖書作展 | トップページ | 極味(きわみ)Tシャツを作っちゃった! »

13階段(高野和明)

異常な無差別殺人の宅間死刑囚の死刑が執行されました。死刑について早い執行と言うことでニュースになりました。

この「13階段」を読んでいるときに何というタイミング。
死刑執行は法務大臣が任期最後に行うと言うことで、そういえば内閣改造が近いと言うことで死刑執行が行われたのかな?

この本は、江戸川乱歩賞受賞作品と言うことで、当然推理小説です。

しかし、推理小説以上に、死刑と言う人が人を殺める問題をリアルな描写で描いています。この本を読まないと一生知りえなかったような事柄です。

死刑執行は内閣改造時期が影響することや、執行のリハーサルがあることなど、優れた調査の結果の作品になっています。

更生の余地のない残忍な犯人を死刑にするというのは、私には違和感がなかったのですけど、そんな単純なものではないと思い知らされた作品でもあります。今回の宅間死刑囚の死刑執行も、その裏では、どんな気持ちで死刑執行をする担当官がいるのか・・・
そんな重いテーマだっただけに、、、
終盤は・・・・ちょっと、ばたばたした感じが否めません。

推理小説である以上、意外な展開は必要だったのかもしれません。
しかし、私は結論や解明のない推理小説でも良かったです。

南郷の「俺もお前も終身刑だ、仮釈放はなしだ」

これだけでよかったのかも。
復讐は復讐となって戻ってくることもテーマにあり、謎にもなっているわけだけど、このテーマだけでも十分に重いです。

|

« 春日井貞崖書作展 | トップページ | 極味(きわみ)Tシャツを作っちゃった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/1437051

この記事へのトラックバック一覧です: 13階段(高野和明):

« 春日井貞崖書作展 | トップページ | 極味(きわみ)Tシャツを作っちゃった! »