« 天国はまだ遠く(瀬尾まいこ) | トップページ | 卵の緒(瀬尾まいこ) »

飲みかけのジュースが置いていった恋

久しぶりに川柳の時間となりました。

このところ、入選の句もあったのだけど、何かと話題の多い日々で川柳は滅多に紹介していません。詳細は、river willow - 川柳を紹介しようで、見てもらうとして、今日紹介の句は、ちょっとばかりうれしかったので特別にこちらでも紹介します。

 
川柳マガジンという月刊誌があって(世の中にはいろんな月刊誌があるものだと感心します)、その月刊誌を昨年の今の時期から定期購読しました。この川柳マガジンは、勉強のために読むだけでしたが、初めて投句したのが10月号(4つ投句して1句のみ佳作だった、、佳作でも月刊誌に載るのはうれしいものです)、その後、12月号にも4つ投句して、これは全没(^^;。

今月発売の1月号に2句応募しましたが、このうち表題の句が2人の選者に選ばれました。同時に2人の選者に選ばれるのは初めて。最初、ぱらぱらとめくっていたら、後ろの方に1つ選ばれていて、「やった」って感動したのだけど、その次のページに、なんと!大きな字で同姓同名の字があるものだから、違和感があったけど、よく見たら自分の句だったのです。佳作の上に特1から特5まであるのですが、そのうちの特3になっていました。

なんだか、すごいなあ。
・・って他人事みたいな感じ。

「特」になると☆がひとつもらえます。この☆が5つあつまると、卒業ですが、このコーナーは新人コーナーなので、川柳を始めて3年間しか投句出来ません。3年間のうちに☆を集めて卒業できるなんて人は滅多にいません。私は1つだけど、これで十分です。もう二度とこんなことは、ないでしょうから(^^)

|

« 天国はまだ遠く(瀬尾まいこ) | トップページ | 卵の緒(瀬尾まいこ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/2390464

この記事へのトラックバック一覧です: 飲みかけのジュースが置いていった恋:

« 天国はまだ遠く(瀬尾まいこ) | トップページ | 卵の緒(瀬尾まいこ) »