« 年賀状 | トップページ | 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(フンパーディンク作曲) »

さまよう刃(東野圭吾)

これは、重いテーマの本だった。

長峰は、妻に先立たれ愛する一人娘との2人暮らし。その15歳の娘が未成年者に蹂躙され、挙句の果てには、命を落とし、その遺体を川に捨てらる。その犯罪を犯した未成年者は野獣以下のような奴だった。

そんな当事者に自分がなったら?

復讐なんてことを許したら法治国家のルールが崩れてしまうから、いくら憎い加害者でも復讐してはいけないと言うのが、第三者としての意見だろう。自分でもそう思うけど、そんなことは百も承知の上で復讐しなければならないとまで被害者を追い詰めると言うのが複雑な問題となっている。自分が当事者なら、きっと、やりきれないだろうし、当事者でなくても普通の感情なら、この本の主人公の長峰の復讐劇を応援している自分に気がつくと思う。

 
一方、私の図書館では書かなかったけど、刑事の苦悩もよく分かります。加害者と思われる未成年者は逃亡しており、その被害者の遺族は仲間を殺して指名手配中と言う逆転した立場になってしまったために、未成年者ということだけで?刑事は、被害者から加害者を守ることを仕事としないければならないのです。刑事は正義の味方ではなく、法律の味方でしかないという言葉が出ますが、まさに、そこに刑事としても苦しいものがあるでしょう。

最近は、奈良の小学生殺人事件の犯人も捕まっていませんが、異常な犯行声明と被害者の家族への仕打ちを考えると、辛いものがあります。


この作品は、結末は、書けませんが、途中から登場する和佳子さんに期待している自分がいることに気がつきます。唯一、長峰を救える存在と途中から気がつくからです。その結末は・・・やっぱり重い。

本は一気に読める内容で、さすがと思わせるけど、あまりの重さに殿堂入りの一歩手前ということのしておこう。
★★★★☆

|

« 年賀状 | トップページ | 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(フンパーディンク作曲) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/2322874

この記事へのトラックバック一覧です: さまよう刃(東野圭吾):

« 年賀状 | トップページ | 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(フンパーディンク作曲) »