« さまよう刃(東野圭吾) | トップページ | 図書館の神様(瀬尾まいこ) »

歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(フンパーディンク作曲)

12月21日に福井で、ヘンゼルとグレーテルのオペラが公演されると言うことで、行ってきました。

ヘンゼルとグレーテルは、グリム童話の話ですが、その内容から子供も大人も楽しめるオペラになっています。グリム童話とは若干違う面もあります。原作では、悪い継母に森に追い出されるように出かけ、パンくずを帰り道として置いて行きますが、オペラでは、壺を割った罰として(割ったの母親だけど(笑))、イチゴを取りに行かされるのです。

このフンパーディンクと言う作曲家は、ワーグナーの作風を受け継いだ作曲で、ドイツ民謡などもモチーフに、なかなかすばらしい音楽で劇を楽しませてくれます。個人的には、ドイツオペラの傑作と思うのだけどなあ。ワーグナーがドイツ神話を楽劇などにしたけど、こんなメルヘンオペラもいいものです。ワーグナーの影響と言えば、2幕への前奏曲「魔女の騎行」なんていうのは、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」を意識したんだろうなあ(^^)

 
当日の公演は、福井市文化会館で行われました。なんと、生のオペラが2800円で見れるなんて信じられないです。何年ぶりかに生のオペラを見ました(最近はDVDでしか楽しめないと思っていましたから)。こんな企画が福井でどんどん行われたらいいのになあ。

それにしても、安い金額で、地方都市で上演してくれる日本オペラ団体連盟には感謝です。

ちなみに、当日の母親役の「仲野玲子さん」は、パンフレットによると、地元の高校の音楽科卒業みたいです。舞台登場と同時に拍手が起きたり、カーテンコールでも声がかかっていたのは地元の仲間かな(^^)。

舞台装置もよかったです。初めてこのオペラを見たときには、ヘンゼルとグレーテルが森で眠ってしまい夢の中で天使が現れるシーンで、その演出にびっくりしましたが、今回も同じような演出です(さすがに、驚かなくなったけど)。今回は魔女のメイクもよかったな。オーケストラも小さいながらもよかったです。

こんな良質のオペラなのに、あまり上演自体が知られていなかったような気がします。私もたまたま何かで知ったので慌ててチケットを買いに行きましたが、会場は3分の1くらいかな、、最後は40%くらいいたかな。しかし、そんな中、地方でも公演していただいた方に、心から拍手を込めて。

データ:

フンパーディンク作曲 ヘンゼルとグレーテル
全3幕 日本語上演
中山悌一・田中信昭 共訳

指揮 佐藤宏
演出 十川稔
美術 妹尾河童
衣装 緒方規矩子
照明 吉井澄雄・石川紀子
舞台監督 大仁田雅彦

キャスト
ヘンゼル   喜田美紀
グレーテル  丹藤麻砂美
ペーター   立花敏弘
ゲルトルート 仲野玲子
眠りの精   渡邉恵津子
露の精    平川千志保
魔女     松下祐貴子

合唱 ヘンゼルとグレーテル声楽アンサンブル

オーケストラ トーキョー・ヴィルトゥオーゾ・オペラメンバーズ


福井市文化会館

|

« さまよう刃(東野圭吾) | トップページ | 図書館の神様(瀬尾まいこ) »

コメント

偶然発見してしまいました。
福井での公演、懐かしいです。
あれは2004年1月に新国立劇場で公演されたものの、
引越し公演だったのです。
あのすばらしい演出や舞台装置は
25年前から受け継がれている、伝統のあるものなんですよ。

どんなにすばらしい舞台でも、お客様がいないことには
意味をなしませんね。維持もできないし。
私たち歌い手も、オペラに携わるもの全てが、
オペラに足を運んでいただけるよう、努力しなければなりません。
ごえもんさんのような方に、感謝感謝です!
ところで、福井、とてもよいところでした。
最近、駅も新しくなったのですよね。
またいきた~い!!

投稿: 出演者より | 2005.08.24 15:19

出演者の方からのコメントだなんて、うれしいやら感激やら、すごいなあ。

ヘンゼルとグレーテルのオペラは好きなオペラのひとつです。

実は価格から期待していなかったのに、あんなに素晴らしい舞台には本当に驚きでした。映画が1700円の時代に、生身の方が歌い演技をして演奏をする、さらに多くの裏方の方がいると言うなんて、本当に驚きと同時に、こうした機会をもっと多くの方に知ってもらえたらいいのにって感じました。

地方での公演と言うのもとっても素晴らしいと思いました。

福井は、おっしゃるように駅も新しくなりました。
またぜひ、福井での公演を実現させてくださいね。
楽しみに待っています。

投稿: ごえもん | 2005.08.24 22:13

私も偶然見つけてしまいました。
(最初、違う所にコメントを残してしまいました。
ごめんなさい)

福井公演、本当に懐かしいです。
本番前日に福井TVの情報番組にて宣伝に出たり
した事を思い出しました。
でも、やっぱりお客様が少なかったのが
とても残念でした。
もっとたくさんの方々に、見て頂きたかったです。
終演後、出口にてお客様をお見送り時、皆さんのお顔が
キラキラと満面の笑顔だった事が嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

福井は他の仕事でも時々行っています。
本当に良い所ですよね。

ごえもんさん、本当にありがとうございました。

我々ももっと精進して参ります!!

魔女でした。

投稿: 魔女 | 2005.09.25 20:59

そうそう、会場では公演のあとに、出口に並ばれていたのはびっくりしました。特に魔女役は目立つので、一緒に並んで写真を写したいくらいでしたが(とても恥ずかしくってできませんが(笑))、こころから拍手を送りたい気分でした。

当日友人宛に送ったメールを見ると
===
ヘンゼルとグレーテルですから、子供も多かったけど、本当に
本格的なオペラでびっくりしました。思い切り拍手してきました。
帰り際にホールの玄関口で、出演者たちがお客を見送るなんて、
すごいなあ、、こういうのはいいものです。
===
とありました。
また福井でもオペラの公演を楽しみにしています。

投稿: ごえもん | 2005.09.26 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/2334823

この記事へのトラックバック一覧です: 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(フンパーディンク作曲):

« さまよう刃(東野圭吾) | トップページ | 図書館の神様(瀬尾まいこ) »