« 今年の読書本ベスト10 | トップページ | 天国はまだ遠く(瀬尾まいこ) »

返事はいらない(宮部みゆき)

宮部みゆきさんの短編を久しぶりに読みました。過去の本で、ファンの方なら「いまさら」って言われそう(^^;。
宮部みゆきさんの作品は、結構読んでいますけど、最初に読んだのは忘れもしない「火車」です。うまい物語を書けるなあって感心した記憶があります。その火車の原型となった短編も含まれている作品集です。

 
それにしても、やっぱりうまいなあ。どの短編も面白かったけど、「ドルシネアにようこそ」が一押しって感じました。お金に絡む作品や東京という街の空虚な面を描いています。久しぶりに熱中して読んだ短編集でした。最近、宮部みゆきさんの作品では、理由や模倣犯など重いのが多かったけど、サクサク読めてよかった(^^)。この作品には犯罪もあるのだけど、なんとなく温かいやさしさがある感じ。これって「誰か」のときにも感じた感触と同じかも。
★★★★

|

« 今年の読書本ベスト10 | トップページ | 天国はまだ遠く(瀬尾まいこ) »

コメント

宮部みゆきさん、大好きです(*^_^*)

ICOは読んでいないけれど、
それ以外のものはほとんど読みました。
短編から入ったのですが、どれもよかったです。
時代小説もなかなかよかったですよ。
最近出た「日暮らし」も読んでみたいなぁ。

投稿: あいすみるく | 2004.12.27 20:19

あいすみるくさんのお気に入りの作品は何でしょうか?

私も、宮部みゆきさんが好きです。
印象にある作品は、
「火車」(初めて読んだ作品)
「蒲生邸事件」
「クロスファイア」
なんていうのが印象があるかな。
最近は、どの新作も楽しめる感じです。

でも、あいすみるくさんと違って、、、
時代小説は、全然読んだことがないです。
宮部さんの時代小説でお勧めがあったら教えてくださいね。

投稿: ごえもん | 2004.12.27 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/2380174

この記事へのトラックバック一覧です: 返事はいらない(宮部みゆき):

« 今年の読書本ベスト10 | トップページ | 天国はまだ遠く(瀬尾まいこ) »