« 仕事始め | トップページ | 七子と七生 »

推理小説(秦建日子)

42歳の会社員と17歳の高校生、大手出版社の編集者……全く面識のない人々が相次いで惨殺された。事件をつなぐのは「アンフェアなのは、誰か」と書かれた本の栞のみ。そんな中、警察と主要出版社に『推理小説・上巻』という原稿が届く。書かれていたのは犯人しか知ることの出来ない事件の詳細と殺人の予告、そして「事件を防ぎたければ、この小説の続きを落札せよ」という前代未聞の要求……

この通りの内容で、いかにも興味を惹かれます。しかも、主人公・雪平夏見(女性刑事)は、もう常識はずれの行動で、部屋はごみの山なのに、信じられないくらいの美人で検挙率NO1と言う、、この破天荒なキャラがいれば、、、、、

 
ネタバレは書けませんが、殺人を予告するような作中作の手法や、目まぐるしく変わるシーンと、時間や場所がわからないワンシーンの提示、それにもしかしたら作者自身のコメントの挿入など、奇想天外の仕掛けがあるようだけど。。。

推理小説のリアリティとは、、って言う挑戦でもあるかのようだけど、なんとなく弱い感じで、最後の犯人判明後も、あまり感情的に湧くものがなくって、すんなり終わってしまいました。ちょっと、シーン転換などついていけなかった面もあるなあ。これが映画化されたら、少しは面白いかもしれないって感じました。

この作者は脚本家って書かれていて、「最後の弁護人」「共犯者」「ラストプレゼント」などのTVドラマなどで有名で、それはそれでなるほどって思わせる内容だったのだけど、実は驚きは、推理小説そのものよりも、秦 建日子って名前。てっきり女性かと思ったら「はたたけひこ」って男性でした(^^;。早稲田大学出身で、なるほど!本作にもW大のミステリ研究部の学生が登場するのです。

★★★

|

« 仕事始め | トップページ | 七子と七生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/2510252

この記事へのトラックバック一覧です: 推理小説(秦建日子):

» 推理小説/秦建日子 [酔眼漂流記]
要するにミステリのパロディとして受け取ったよ。「ミステリはこうあるべき」なんてガチガチに頭の固い私なんかはを軽くいなされてね。謎は全て解かれなければならないのが... [続きを読む]

受信: 2005.01.27 00:25

« 仕事始め | トップページ | 七子と七生 »