« 空飛ぶ馬(北村薫) | トップページ | 出張の記録と予定 »

秋の花(北村薫)

円紫さんと「私」シリーズの第3弾です。シリーズ初の長編で、しかも殺人?自殺?事故?いずれにしても初めて人が死にます。実は2作目の「夜の蝉」を読んでいないので、1作目から3作目に飛んじゃったのだけど、やっぱりこのシリーズは順番に全部読んだ方が楽しいみたいです。この作品に新潟の話が出ますが、どうも2作目に書かれているみたいです。もちろん、別々に読んでも楽しめます。

 
今回の被害者?は「真理子」さん。この方の名前は津田真理子さんで「スキップ」の「真理子」とは違うのだけど、「時」を意識した記述は、あの真理子さんに通ずるものがあり原型はここにあったのかって感じでした。

ここまで来ると、もうシリーズは全部読まないときがすまなくなってきました。
★★★★★

|

« 空飛ぶ馬(北村薫) | トップページ | 出張の記録と予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/2940440

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の花(北村薫):

« 空飛ぶ馬(北村薫) | トップページ | 出張の記録と予定 »