« 半落ち | トップページ | 夜の蝉(北村薫) »

芥川也寸志の世界

久しぶりに、ピンクフロイドの「狂気」かアースウィンド&ファイヤーの「黙示録」でも聞こうと思ったけど、そのCDの上の棚にあった「芥川也寸志の世界」のCDを手にしてしまいました。今、読んでいる本の主人公の卒論テーマが芥川龍之介だからかもしれません(笑)

芥川也寸志さんは、龍之介の三男なんですけど、やっぱりそういう芸術の才能は遺伝もあるのだろうなあ。何よりも芥川也寸志さんを知ったのは、だいぶ前のことだけど、NHKで放送されていた「音楽の広場」で黒柳徹子さんと一緒に司会をされていて、立場上解説的というか音楽を説明される側の司会者でした。演奏は尾高忠明さん指揮で東フィルが多かったような記憶です。

楽しい番組で、終了したのは残念ですが、そのあたりのいきさつは、NHKで長年の音楽プロデューサを勤められた渡壁さんが対談で言っていますが、「音楽の広場」が最盛期を迎え、人気絶頂のときに、この番組は、今やめるべきだと決心したそうです。組織の難しさですね。そのあとに芥川さんの紹介で佐治さんに会って、NHKを辞めてサントリーホールに移られたみたいです。

芥川さんは温厚な語り口で、番組でも楽しい話をたくさんされていました。一番印象にあるのは、指揮者は楽譜を見ているのかって、話。適当に棒を振っていればいいんじゃないかって素人は誰でも思うのだけど、、、芥川さんは確か、指揮者は楽譜を見ていないと(笑)。多分、何段もある五線をしっかり見ていたら指揮になりません。

そこで、ってことで、当時、ネスカフェで有名になった狐狸庵先生こと遠藤周作さんが、素人なりにベートーヴェンの田園を指揮して初めってすぐにオケの方が戸惑ってしまい、めちゃくちゃになると言うのがありました。一緒に出演されたフランソワーズ・モレシャンさんが結構、リラックスしたスムーズな指揮で驚きました(^^)。「身振り、手振り、棒振り、合戦」ってタイトルだったみたいです。

 
さて、その芥川さん、
収録曲の中では、習作的な作品だけど、芥川さんの師匠である伊福部昭さんの影響は濃く出ている「交響三章」が好きです。今日はそれを聞いています。

他に
「交響管弦楽のための音楽」
「弦楽のための三楽章」
「交響曲第一番」
です。

どれも、若々しい曲です。芥川さん20代の作品ばかりですからね。
芥川さんは89年に、遠藤周作は96年にお亡くなりになりました。

ところで、その遠藤周作さんの息子さん(と言っても、相当にいい年でしょう)は龍之介って名前って言うのは、これを書いていて面白く思ったりしました(音楽の広場でそんな話題も出たのかな)。
最近、フジテレビで、寝屋川事件の教師殺傷事件の犯人である少年を実名で報道したことで、お詫びのコメントをした遠藤龍之介広報部長がその方でしょう(^^)

|

« 半落ち | トップページ | 夜の蝉(北村薫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/2993072

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川也寸志の世界:

« 半落ち | トップページ | 夜の蝉(北村薫) »