« メンデルスゾーン「イタリア」 | トップページ | やすみりえのとっておき川柳道場―楽しく始める五・七・五(やすみりえ) »

ICO -霧の城-(宮部みゆき)

同名のテレビゲームに触発されて、宮部みゆきさんがゲームをノベライズしたものです。この本を単純に本だけ独立して読むのか、ゲームをしたあとで読むのか、それでイメージはだいぶ違うような気がしました。私自身はゲームをしながら読んでいたのですけど、あまりにゲームと同じように話が進み、一種の攻略本的な要素もあるくらいです。しかし、途中から、本とゲームが同時進行できずに、結局、本だけが先に終わったのです。

3章のあたりで、迷子になった感じです。

で、肝心の本の感想だけど、これは、ゲームと切り離したら辛いだろうなあって思います。霧の城のイメージもゲームなしでは難しいです。触発されたテーマを吸い上げて、あとはゲームから切り離した世界を描いてもよかったのかな。

★★★

|

« メンデルスゾーン「イタリア」 | トップページ | やすみりえのとっておき川柳道場―楽しく始める五・七・五(やすみりえ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/3590232

この記事へのトラックバック一覧です: ICO -霧の城-(宮部みゆき):

« メンデルスゾーン「イタリア」 | トップページ | やすみりえのとっておき川柳道場―楽しく始める五・七・五(やすみりえ) »