« カルロス・クライバーのベートーヴェン交響曲 | トップページ | 三月は深き紅の淵を »

マンマ・ミーヤ!(大阪四季劇場)

日本初演は2002年12月、東京・汐留に新しく建設された電通四季劇場[海]のこけら落し公演だったそうで、2年間でなんと通算720回も公演した「マンマ・ミーヤ!」が新しく出来た大阪四季劇場でこけら落し公演となるということで、見てきました(と言ってもなかなかチケットが取れないので、こけら落しから随分たちましたが(^^;)

マンマ・ミーヤ!は、アバの曲が使われているのですけど、そのアバが今年でデビュー30周年になるそうです。と言うことで、私が17歳のときにデビューしたのですね。17歳だって!!まるで、存在そのものが恥ずかしいようなお年頃だったのですね。

しかし、私はそのアバの前身であるビヨルンとベニーで出したファースト・シングル「木枯らしの少女」のころから知っていて、これは1970年3月リリースだそうです。大阪万博のころじゃないか!!そんなオールドファンにもいるので、私と同じような年齢の男の方(会場内はほとんど女性だけど)もちらほら見えました。

 
ステージは大変楽しいものでした。

今日の主演は久野綾希子さん。これまた、なんだか懐かしい(^^)。キャッツのメモリーを歌っていたのかもしれないけど、昔見た「エビータ」の主演もされていました。と言うことで、年齢を言うのは申し訳ないけど55歳くらいのはず。それを思うとすごく若々しいステージでびっくりです。すごいなあ。

最後は観客全員が立ち上がっての手拍子です。おいおい、スタンディングオベーションはメジャーリーグかと思ったら・・・オヤジにはなんだか気恥ずかしいけど、もう、これは全員参加ですから、座っているほうが恥ずかしい感じでした。会場は熱気いっぱいになって、汗をかくほどでした。演奏の最後に立ち上がって拍手をしたのは、カルロス・クライバーのコンサート以来のことです(^^;


当日のキャスト

ドナ・シェリダン :久野綾希子
ソフィ・シェリダン:谷内 愛
ターニャ     :森 以鶴美
ロージー     :青山弥生
サム・カーマイケル:渡辺 正
ハリー・ブライト :明戸信吾
ビル・オースティン:松浦勇治
スカイ      :鈴木涼太
アリ       :八田亜哉香
リサ       :宮崎しょうこ
エディ      :丹下博喜
ペッパー     :大塚道人

|

« カルロス・クライバーのベートーヴェン交響曲 | トップページ | 三月は深き紅の淵を »

コメント

私も行きました!

私は東京の電通四季劇場[海]での公演です。
聞いたことのある「アバ」の曲も楽しめたし、
「前田美波里さん」に目が釘付けって感じでした。
東京でも、最後は観客全員が立ち上がっての手拍子でした。
この夏には「オペラ座の怪人」に行く予定、
こちらも楽しめたらいいなぁと今から楽しみにしています。

投稿: kyoko | 2005.04.24 20:59

kyokoさん、東京で見られたのですね。
私が東京に勤めていたころには、まだ四季劇場は出来ていなくって、キャッツ専用劇場や日生劇場で見るくらいでした。

前田美波里さんは、主役?それともターニャ役?主役だったのでしょうね。キャスト欄には両役されるみたいですけど、私が見たのはお休みの日でした。

いずれの役にしても、前田美波里さんにしても結構ご年配であれだけ歌って踊れてお芝居してって、すごい若いですよね。きっと、そういうお仕事をされているので若さが続くのかもしれませんね。ちょっと立って手拍子をしただけで汗が出る私は反省しなくっちゃ(笑)

オペラ座の怪人ですか。それはまた楽しみですね(^^)。
私は、「スルース(探偵)」「ライオンキング」「オンディーヌ」のいずれかを見てみたいです。新しいキャッツシアターでも見てみたいけど、、、、なかなか、ふらりと行って見れるようなチケットの余裕がないのが残念です。


投稿: ごえもん | 2005.04.24 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/3838905

この記事へのトラックバック一覧です: マンマ・ミーヤ!(大阪四季劇場):

« カルロス・クライバーのベートーヴェン交響曲 | トップページ | 三月は深き紅の淵を »