« 平凡な兎―川柳句集(やすみりえ) | トップページ | 京都市交響楽団(岩城宏之指揮) »

ドラゴン危機一発

噂には聞いていたけど、初めて見てしまった。なんと言う映画だったんでしょう。あまり予算もなかったのでしょうけど、ハチャメチャなB級映画というか、C級でもいいくらいです。ブルース・リーの映画ですからストーリーはどんな内容でもしょうがないけど、連続シーンでも色や光のコントラスト加減がめちゃくちゃ。あれは別々に撮ったカットをいい加減につないだだけなんでしょうね。恐ろしく気分が滅入ります(笑)。それに結構残酷なシーンが多いです。血が流れるシーンも多いし、氷詰めのシーンは出来の悪い恐怖映画のようでした(^^)。

でも、それでも、そんなことはどうでもいのでしょう。ただただブルースリーのアクションが際立っていればいいのですから。確かに際立っています。そのためにある存在。

こんな映画が楽しめた時代も、それはそれで楽しかったかもしれないなあ。最近の特撮やCGばかりの映画と違って、それなりに存在感があったりします。3日後には詳細を忘れそうな内容だけど(^^;

この映画、「ドラゴン危機一発」ってタイトルなんですね!
てっきり「ドラゴン危機一髪」と思っていたんですよね。

|

« 平凡な兎―川柳句集(やすみりえ) | トップページ | 京都市交響楽団(岩城宏之指揮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/3959097

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン危機一発:

« 平凡な兎―川柳句集(やすみりえ) | トップページ | 京都市交響楽団(岩城宏之指揮) »