« 切れない糸(坂木司) | トップページ | 陰の季節(横山秀夫) »

日本フィルハーモニー第570回定期演奏会

6月2日、東京出張の折に、サントリーホールのコンサートに行って来ました。サントリーホールに行くのは、15~20年ぶりくらいかな。折からの雨で折りたたみ傘では、面倒な感じだったけど、久しぶりに大編成の曲を楽しく聴けました。ただ、席が前から2列目の右側で、ステージが目の前。しかも指揮者を見るには、ずっと左を見ていないといけないのです。もちろん、木管、金管、打楽器の方の姿は全く見えませんでした(^^;。


北爪道夫:《様々な距離》(日本フィル・シリーズ第39作、初演)
モーツァルト:協奏交響曲 K.364
ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》(1910年全曲版)

指揮:沼尻竜典
ヴァイオリン:町田琴和(ベルリン・フィル奏者)
ヴィオラ:清水直子(ベルリン・フィル首席奏者)

 
このコンサートの始まる前に、ステージ上で15分ほど、指揮者の沼尻さんと、この日に演奏される曲の作曲者の北爪さんの対談がありました。聴き所など楽しく説明されて、大変よかったです。こうした企画はもっとやってもらってもいいような感じです。

コンサート会場に入る前に、すごくたくさんのコンサートチラシをもらいました。ああ、東京では、すごい回数のコンサートがあるのだなあって改めて思いました。しかし、来年のメトロポリタンオペラ・・・6万円クラスの席って・・・・(^^;。すごいなあ。

日フィルのグッズ販売もしていたので、記念のクリアファイルと絵葉書を買いました(^^)。

|

« 切れない糸(坂木司) | トップページ | 陰の季節(横山秀夫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/4401640

この記事へのトラックバック一覧です: 日本フィルハーモニー第570回定期演奏会:

« 切れない糸(坂木司) | トップページ | 陰の季節(横山秀夫) »