« 「スターウォーズエピソード3 シスの復讐」 | トップページ | やすみりえのトキメキ川柳(やすみりえ) »

顔FACE(横山秀夫)

横山秀夫さんの警察小説はどれも面白いけど、これもまさしく秀作です。この作品の主人公は婦警にあこがれて似顔絵婦警になった平野瑞穂ですが、このプロローグ的な話が「陰の季節」に載っているので、ぜひ、先に「陰の季節」を読まれることをお薦めします。

他の本でもそうですが、横山秀夫さんの警察小説は、通常の刑事モノではなく、警察組織の中でいろんな役割にスポットを当てています。そして組織と個人と言う対立はよく描かれますが、本書でも警察組織と個人の相克が丁寧に描かれています。その組織が男社会である警察と言う組織で、個人が婦警の立場と言うのが、また面白いのです。短編集ですが、順番に読むと、元鑑識官である平野瑞穂の成長物語にもなっているようで、存分に楽しめました。

テレビドラマにでもなりそうと思ったら、、、解説にすでにドラマ化されてDVDまであるとか。う~ん、同じことを考えた人がいたか・・・

★★★★★

|

« 「スターウォーズエピソード3 シスの復讐」 | トップページ | やすみりえのトキメキ川柳(やすみりえ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/4714929

この記事へのトラックバック一覧です: 顔FACE(横山秀夫):

« 「スターウォーズエピソード3 シスの復讐」 | トップページ | やすみりえのトキメキ川柳(やすみりえ) »