« 盤上の敵(北村薫) | トップページ | 戦国自衛隊1549 »

50回目のファーストキス

*50回目のファースト・キス*

50回目のファーストキスというタイトルで、それは憧れではあるけど(笑)、どうみても、しょうもないラブコメディ風の映画と思っていました。ところが、話の内容が「短期記憶を長期記憶に移すことができない」という障害の話で、1日がたつと昨日のことを忘れてしまうと言う障害は「今日を忘れた明日の僕へ」と言う推理小説と同じ設定と言うことで見てきました。

福井駅前の映画館ではやっていなくて、郊外のショッピングセンターに併設されているシネマミックス(?って言うの?)まで出かけて見ました。しかし、おじさん一人で「50回目のファーストキス」って言ってチケットを買うのは、はずかしいを通り越して開き直ってしまうようなタイトルだなあ。

カップルには最適な映画で、そんな中でひとりでみるのは・・って思いましたが、なんと、映画館には私以外は女性が2名だけ。こんな状態で、映画館はやっていけるのかな?(っていつも心配してしまう)

 


常夏のハワイで旅行者を次々とひっかけるプレイボーイ・ヘンリー(水族館の獣医)は、ある朝カフェで地元の女の子ルーシー(美術の先生)に声をかけます。その場で二人はすっかり打ち解けたのに、翌日ヘンリーがルーシーに近づくと、彼女はなぜか冷たい態度。混乱するヘンリーに、カフェの店員が教えてくれたのは、彼女は一年前にあった交通事故の後遺症で、一晩寝ると前日起きたことをすべて忘れてしまう記憶障害なのだ、と。

この障害はミステリーと同じだけど、こちらの映画はロマンスコメディですから、明るい感じです。もちろん、本人はショックでしょうけど、ちょっと意外だったのは、周りの人が協力して、毎日同じ日である演出をしているので、本人は障害のことを(過去には知っていたかもしれないけど、翌日には忘れているので)知らないまま毎日を過ごします。周りもその方がいいだろうという感じですが、ヘンリーはそんな嘘の毎日ではなく、本人にどうにか覚えてもらおうと努力します。

その前に、毎日、ルーシーを口説く努力は、まあ、ハワイが舞台で底抜けに明るいからか、嫌味がなくて笑えます。これが舞台が雪の福井では、こうはいかないです。

物語は、まあ、見てのお楽しみとして(よくある話の構成だったとは思うけど)、この障害を辛いものとして表現するよりも、「毎日が恋愛のはじまり」みたいな点にスポットを当てているようにも思えました。

主演のドリュー・バリモアは、笑顔がとってもかわいかったです。
それと、挿入歌がよかったです。
マッカートニーの「アナザーディ」なんてかかるだもん。懐かしかったです。

|

« 盤上の敵(北村薫) | トップページ | 戦国自衛隊1549 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/4616826

この記事へのトラックバック一覧です: 50回目のファーストキス:

» 50回目のファーストキス [なにも起こらなかった一日の終わりに]
 これはオススメですよ!奥さん!!  というわけでちょっとした掘り出し物「50回目のファーストキス」を観ました。  ハワイの水族館で獣医として働くヘンリー(アダム・サンドラー)は観光客の女性相手に日々あとくされない生活を送るプレイボーイ。  あるときカフェで地元の女性ルーシー(ドリュー・バリモア)と出会います。  彼女に惹かれ、また会う約束をするヘンリーだったのですが、翌日ルーシーに会ってみると彼女はまるで初対面のよう�... [続きを読む]

受信: 2005.06.22 23:59

« 盤上の敵(北村薫) | トップページ | 戦国自衛隊1549 »