« チェコ国立ブルノ歌劇場オペラ「カルメン」バレエ「ボレロ」付(3) | トップページ | 水族館の通になる(中村元) »

弥勒の掌(我孫子武丸)

「殺戮にいたる病」から13年ぶりの書下ろしということです。長編と言うけどちょうどいいくらいの長さでサクサク読める感じでした。

愛する妻を殺された上に、汚職の疑いまでかけられたベテラン刑事の蛯原。妻が失踪し、途方に暮れる高校教師の辻。この2人が否応なく事件の渦中に巻き込まれていくのだけど、やがてある新興宗教団体の関与を疑い、ともに捜査を開始することになるのだけど……。

 
待ち受けるのは唖然呆然、驚天動地の大破局!
ってうたい文句の本。なるほど、すごい結末だった。。。だったけど、どうしたものだろう。なぜか驚かないのです(^^;。頭では結末を驚いているのだけど、感情で驚かないのです。これはどうしたことでしょう?

あまりにあっさりと、結末が提示されたからでしょうか?サクサク読めたのはいいのだけど、どうも、こちらの感情が追いつく前に(もしくは感情がどっぷり浸かる前に)次の展開をされたみたいな感じ。

アイディアとしては面白かっただけになあ。「このミステリーがすごい」で20位以内くらいかな?(^^)

★★★★

|

« チェコ国立ブルノ歌劇場オペラ「カルメン」バレエ「ボレロ」付(3) | トップページ | 水族館の通になる(中村元) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/4762143

この記事へのトラックバック一覧です: 弥勒の掌(我孫子武丸):

« チェコ国立ブルノ歌劇場オペラ「カルメン」バレエ「ボレロ」付(3) | トップページ | 水族館の通になる(中村元) »