« 扉は閉ざされたまま(石持浅海) | トップページ | ベトナムぐるぐる(ムラマツエリコ・なかがわみどり) »

深追い(横山秀夫)

横山秀夫の警察小説はどれも面白い。はずれがなく楽しい。この作品は同一の警察署の話で、それぞれの短編で主人公が違っています。そういう点では、警察のさまざまな管理部門を主人公にした「陰の季節」とつくりは似ています。

ただ、「陰の季節」では、1つの話の主人公が別の話では脇役で登場したりして、それぞれの短編が微妙にシンクロしていましたが、この本では、場所は同一でも登場事物の接点はなかったみたいです。

うまいと思わせる作品ばかりで、さすがです。ただ、登場人物がどれも陰があるように思えてしまうのは、そのように意識された作品集だったのかもしれません。特に「顔」を読んだ後だからかな。

 
短編は以下の7編
深追い
引継ぎ
又聞き
訳あり
締め出し
仕返し
人ごと

表題作の「深追い」「又聞き」「仕返し」あたりが印象が残った作品です。

★★★★

|

« 扉は閉ざされたまま(石持浅海) | トップページ | ベトナムぐるぐる(ムラマツエリコ・なかがわみどり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/4887889

この記事へのトラックバック一覧です: 深追い(横山秀夫):

« 扉は閉ざされたまま(石持浅海) | トップページ | ベトナムぐるぐる(ムラマツエリコ・なかがわみどり) »