« ベトナムで見つけた(杉浦さやか) | トップページ | 火の粉(雫井脩介) »

星になった少年

星になった少年」を試写会で見てきました。
さすがに試写会で満員でした。福井では、試写会でも満員じゃないときもあるけど、今日はすごく来ているなあって感じでした。それだけ人気ある映画かな。

確かにいい映画でした。
ぜひ見てみたい作品のひとつです。

 

この作品は坂本小百合さんの「ちび象ランディと星になった少年」と言う本が原作で、実話と言うことです。この方は、ファッションモデルを引退後、動物プロダクション経営を行っていて、この話の夢をそのまま私設動物園「市原ぞうの国」を開園する事になるのでしょう。すごいなあ。親もすごけりゃ、日本人初の象使いを目指して、タイに修行に行っちゃう中学生もすごいです。

しかし、時に運命は過酷なもので、その点は無念さもあって涙を誘います。しかし、その過酷さがあったからこの物語が出来たのだと思うし、限りある人生なら夢は命を張ってでも実現すると言う意志が、実現したと言うことでしょう。それもまたすごいなあって感じました。

少年の純粋な気持ちのまま、夢に向かってまっすぐに走るのは、変に大人になった私からすれば、眩しくもあり、危なかしくもあり、羨ましくもあり、です。それでも、自分でもそんな少年のような夢は持ち続けたいなあって思わせるような映画でした。(よし!今日は夢を描くぞって思って会社に行くのでした・・・行くと現実ばかりがあるのだけど(笑))

でも、私は、いくら自分の夢のためにとは言え、ヒルに吸われたり、さそりが足を上ってくるようなところには行きたくないですけど・・・(^^;ああ、やっぱり夢の規模が小さいのかな。

この映画では、タイの方が出演していますが、象学校の生徒さんたち、いい顔しています。彼らは彼らなりにまた違った意味で必死なのでしょうね。夢を見る余裕もないような感じで食べていくために象使いになると心している感じでした。しかし、そこにも少年らしさが残っていて、日本のいじめとタイのいじめの違いが垣間見れた気もしました。夢を見る余裕があるのに夢を持てない、そんな日本人がいたら、それこそ社会的な病気なのかもしれません。

だからこそ、素直に涙したのは、「悲しい」「うれしい」と言うストレートな感情を受けただけでなく、少年になったからなんです・・・って言い訳しておこう(^^)

|

« ベトナムで見つけた(杉浦さやか) | トップページ | 火の粉(雫井脩介) »

コメント

TBありがとうございました。

タイのゆったりとした感じが良かったですね。
夢を描くなんてとんでもない職場の私…
家を出るときですら 考えられないです~w
ああ、タイに逃避行でもしたい気分です。
しかし 象使いにはなれそうも無く…


投稿: AISYA | 2005.07.19 22:19

こんにちは、AISYAさん
こちらこそ、TBありがとうございます。

タイへの逃避ですか(^^)
なかなかいいところですが、ヒルに血を吸われるのは勘弁して欲しいです(^^;。ビーチあたりでのんびりバケーションならいいかな(そんな夢でもいいかな(^^;)

投稿: ごえもん | 2005.07.19 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/4973403

この記事へのトラックバック一覧です: 星になった少年:

» 星になった少年 [欧風]
普段結構映画をここで紹介してるので、今日は、「7月4日に生まれて」でも紹介したかったところですが、観てないので、他の映画を。 先日、「星になった少年」の試写会に行ってきました。 これも前観た「マラソン」や、「マイ・ファーザー」のように実話を元にした作品。今年は実話映画が流行っているのかな? 千葉・東金市の動物プロダクションで、子ゾウ、ランディを飼う事になり、そこの息子小川哲夢(てつむ)は自分がゾウの言葉が理解できる事に気づく。そして日本初のゾウ使いを目指して単身タイに渡り、言葉の壁... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 06:36

» 星になった少年 [ネタバレ映画館]
 予告編の常盤貴子の号泣シーンでウルウルしてしまったけど、本編でもやはりやられてしまった・・・何だか騙されてる?  「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」は好きです。彼は犬や馬の心が読めるのですよ!すごいじゃありませんか。今までも、“子犬に餌を与えるときに手に餌を乗せて食べさせるとよい”という裏技は役に立ちましたし、ペットの飼い方については大変参考になる番組でした。この『星になった少年』も柳楽優弥くんが�... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 07:31

» 「星になった少年」 [てんびんthe LIFE]
「星になった少年」 ヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 4時からと言う中途半端な開始時間。そして隣の入り口ではレセプションやっててこれプレミア?と連れがいいました。確かに劇場内にカメラが3台入っているしプレスくれたし、雰囲気は違う。でもプレミアとも完成披露とも書いてない。と言う事は…?しばらくして場内アナウンス。「本日の試写会はこの会場で秋篠宮様ご夫妻がご鑑賞されます。」 なるほどね。そういうことだったのね。秋篠宮さまといえば前にも1度ご一緒しましたわ。何の作品だか忘れましたけど。... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 07:37

» 映画 vol.11 『星になった少年』*試写会 [Cold in Summer]
 『星になった少年』  出演:柳楽優弥 常盤貴子 星になった少年 公式サイト ◇ストーリー (05.06.28)『星になった少年』の試写会へ行ってきました。 実は主演の柳楽くんがカンヌの主演男優賞を受賞した作品 誰も知らない はまだ観ていませんが、どちら... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 09:40

» 星になった少年(試写会) [Movies!!]
柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、蒼井優、倍賞美津子出演。河毛俊作監督作品。 公式サイト 原作本「ちび象ランディと星になった少年」 脚本が、大森寿美男さん、制作はあの亀山千広氏(笑)。 シナリオ・センターで今週の金曜日にこの映画についての公開講座があります。監督が来られるそうで。 監督の河毛さんって名前聞いた事あるなぁと思って、講師に話したら、キムタクが主演した「ギフト」を演出した人だよと教えてもらいま�... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 10:31

» 残された家族の生き方を考えた◆『星になった少年』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
6月19日(日)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どれくらい前のことだったかよく覚えていないが、「日本人で初めてタイに渡って象使いの勉強をし、象の楽園を作ることを夢見て亡くなっていった青年」のドキュメンタリー番組を観たことがあった。 これは「観た」というう... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 10:36

» 『星になった少年』 [Such One Day]
『星になった少年 Shining Boy & Little Randy』 試写会に行って来ますた。 『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭 最優秀男優賞をかっさらってしまった柳楽優弥くんの受賞後初主演の本作。 日本初の象使いとなり「象たちの楽園」を作る事を夢に走り続け、21歳の若さで逝ってしまった 坂本哲夢さんの短くも輝やかしい時を 実の母親である坂本小百合さんが綴った本「ちび象ランディと星になった少年」の映画化。 ゾウが!ゾウが!ゾウがーーーーー(;つД`) 泣くんですよっ!ゾ... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 10:39

» 人間だってくさいじゃん。 [一路平安。]
日本初のゾウ使いの少年・哲夢の物語 「星になった少年」にて、 柳楽優弥クン演じる小川哲夢少年が呟いた言葉。 そうだよね。 哲ちゃん。 うん。 でも、あんなにたくさんの動物に囲まれて暮らしてたら、 そりゃ「獣くさい」っていうのは正直あるかもしれ...... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 11:15

» 「星になった少年 ShiningBoy&Littlerandy」 [MoonDreamWorks]
監督 : 皮毛俊作主演 : 柳楽優弥 / 常盤貴子 /      / 高橋克実 / 村上絵美 / 公式HP:http://www.randy-movie.com/index.html  「 星になった少年 ShiningBoy&Littlerandy」  実の母、坂本小百合原作、「チビ象ランディーと星になった少年...... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 11:26

» 星になった少年 [hatchblog]
星になった少年~Shinning Boy&Little Randy~ 坂本龍一 星になった少年(公式サイト) 昨夜は「星になった少年」の試写会(名古屋)行ってきました。 動物プロダクションの家の息子さんが、ゾウ使いになりたくて、タイのゾウ学校へひとりで修行に行きます。 帰国後、日本人初のゾウ使いとして歩み始めるのですが・・・。 主人公のお母さんが書いた本の映画化、つまり実話がベース。 主演は、ちょっと大人っぽくなったような気がする、柳楽優弥くん。 主人公の... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 15:32

» 星になった少年 [エンタメ!ブレイク?]
河毛監督のベタなTV流演出で フジテレビ映画の王道を進むと思われたが 柳楽くんの [続きを読む]

受信: 2005.07.16 00:40

» 星になった少年 世界が注目する柳楽優弥主演作 [話題のナレッジベース]
星になった少年は、実話から生まれた物語、原作:坂本小百合「ちび象ランディと星になった少年」(文藝春秋刊)、今夏2005年7月公開。第57回カンヌ映画祭 最優秀男優賞柳楽優弥が受賞後初の主演作。... [続きを読む]

受信: 2005.07.16 00:44

» 星になった少年 [ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-]
映画「星になった少年」の感想です [続きを読む]

受信: 2005.07.16 10:18

» 試写会「星になった少年」 [こまったちゃんのきまぐれ感想記]
試写会「星になった少年」開映18:30@イイノホール 「星になった少年」 2005年 日本 配給:東宝 監督:河毛俊作 製作:亀山千広 エグゼクティヴプロデューサー:関一由・島谷能成・細野義朗 プロデューサー:小岩井宏悦・和田倉和利 アソシエイトプロデューサー:前田久閑  ラインプロデューサー:森賢正・鶴賀谷公彦 撮影:高瀬比呂志  撮影捕:岩崎登  美術:山口修  照明:小野晃  録... [続きを読む]

受信: 2005.07.16 12:28

» 「星になった少年」@よみうりホール [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
「早めに会場に行って並ぼうね☆」と言っていたにもかかわらず朝寝坊したあーちゃんと秀君はドタバタと会場へ向かいました。土曜日の試写会にしてはあまり並んでいなくていいポジションで見る事が出来ました。 {/kaeru_cry/}今年のカンヌ国際映画祭で史上最年少の男優賞を受賞した俳優、柳楽優弥君の最新作です。それはそれでとっても楽しみだったんだけど、え?!その母親役が常盤貴子(今年で33歳)?!ちょっと年齢的�... [続きを読む]

受信: 2005.07.16 21:09

» 星になった少年 Shining Boy and Little Randy [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
本日は邦画を4作品観てきました。   1本目は「星になった少年」です。   実話を基に、日本人で初のゾウ使いとなった少年、小川哲夢の物語を映画化した話です。   今日観た4作では一番よかったです。 中盤までの象使いを夢見てタイへ留学するシーンまで... [続きを読む]

受信: 2005.07.17 14:02

» 星になった少年 (Shining Boy & Little Randy) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
坂本哲夢くんの生涯を彼の母小百合さんが書いた著書の映像化。 実話をもとに作られた、日本初の象使いの少年の物語。 感動の物語です。 でも、涙は出なかった。 約2時間の映画ですが、たぶんこの物語、2時間では短すぎるような気がします。 なんとなく淡々と物語... [続きを読む]

受信: 2005.07.17 16:48

» 星になった少年 [nemoのリセットライフing+αアフィリエイト]
カンヌ映画祭で主演男優賞をとったという、柳楽優弥クンがどんな男の子なのか・・・という個人的興味と、(^m^ ) ランディというゾウさんがみたかったというミーハーなノリで、見てきました。 考えていたより・・・よく出来ていて、不覚にも泣いてしまった・・・。... [続きを読む]

受信: 2005.07.17 23:14

» 『星になった少年』 [Diary of Peace☆]
試写会で『星になった少年』をみてきた。 哲夢は、動物プロを経営する両親の不和や動物くさいと小学校でのいじめにあい、こもりがちな少年だった。 しかし、ある時ゾウと出会いその神秘的な力に触れ次第に心を開いてゆく。 環境と天賦の才から、ゾウの言葉を理解できるほどゾウを扱う資質にめぐまれた哲夢は、日本人初の少年ゾウ使いをめざし小学校を出てすぐタイのゾウ訓練センターへ留学する。 言葉もわからな�... [続きを読む]

受信: 2005.07.18 00:17

» #27:星になった少年(試写) [(売れないシナリオライター)KAZZの呟き!]
KAZZのこの映画の評価   昨日、試写で見た”星になった少年”、最高でした泣けます 泣きまくりましたエンドロールが、霞んで出演者の名前が見えませんでした エンドロールが流れ終わって明かりがつくと、拍手の嵐 泣いていた人がとても多かったです 昔から...... [続きを読む]

受信: 2005.07.18 06:35

» 星になった少年 [Diarydiary! ]
《星になった少年》 2005年 日本映画 - 英題 - Shinning Bo [続きを読む]

受信: 2005.07.18 08:06

» 柳楽君の成長が楽しみな「星になった少年」 [映画好き集れ!!]
 ストーリーオフィシャル・サイト哲夢は、動物プロを経営する両親の不和や小学校でのいじめにあい、内にこもりがちな少年だった。しかし、ある時ゾウと出会いその神秘的な力に触れ次第に心を開いてゆく。環境と天賦の才から、ゾウの言葉を理解できるほどゾウを扱う資質に...... [続きを読む]

受信: 2005.07.18 21:20

» 『星になった少年』を観て来ました! [★☆★風景写真blog★☆★Happy infectio...]
♡2005年7月18日♡年末まで166日♡ #6 (2005.7月から起算) 星になった少年 〜Shining Boy & Little Randy〜 彼は、生きました。夢に向かって急ぐように。 ☆キャスト☆ 小川哲夢:柳楽優弥(やぎらゆうや) 小川佐緒里(哲夢の母):常盤貴子 小川耕介(哲夢の父):高橋克実 村上絵美:蒼井優 藤沢朝子:倍賞美津子 ☆スタッフ☆ 監督: 河毛俊作 製作: ... [続きを読む]

受信: 2005.07.18 23:03

» #32:星になった少年(試写) [::あしたはアタシの風が吹く::]
「僕は、夢に生きる。」 壮大なスケールで描かれたタイと日本、そして象。 冒頭で哲夢の両親が経営する、動物プロダクションで、様々な動物が笑わせてくれます。でも私は笑えませんでした。この芸を覚えるのにどれだけ大変だったのか。と思うと、なんとなくね。。。 とは言え、ある程度予測のできるストーリーにもバッチリ惹きこまれてしまったのも確かです(^-^; 象たちやもちろん俳優陣の演技も確かだったと思い... [続きを読む]

受信: 2005.07.19 19:59

» 星になった少年 [私を月まで連れてって〜]
柳樂君…いいですねーーーっ!「誰も知らない」 より ちょっとだけ大きくなりました。お話は 実話モノです。何か胸にジワジワと滲んでくる様な映画でした。というのも 母の愛が欲しい一心で 母の夢を自分の夢に置き換えて一生懸命な姿が 何とも切なかったりします。家族の絆を実感... [続きを読む]

受信: 2005.07.19 21:17

» Shining Boy [The Final Frontier]
 邦画にはあまり興味のないDeannaが気になって仕方なかった映画を観てまいりました。   星になった少年 Shining Boy [続きを読む]

受信: 2005.07.20 23:13

» 星になった少年(新映画日記転用) [新×3 もろもろ日記]
夏休みの話題作、招待券も当たったことだし、見てまいりました。 柳楽くんは「いいとも」で見たら髪型のせいもあってか、 作品のときよりさらに大人っぽくなったように思えました。 この年齢ってどんどん変わっていくんでしょうね。 実際に外国人ではじめてタイの象訓練学校に行き、 「象使い」になった坂本哲夢さんの話を映画化。 常盤貴子が言ってたんだけど、坂本小百合さん(哲夢さんのお母さん)が モデルをされててきれいな方なんで・・ってことでした。 4人のお母さんっていうと肝っ玉母さんって思っ..... [続きを読む]

受信: 2005.07.20 23:33

» 「星になった少年」チェンマイに行きたい [soramove]
「星になった少年」★★★ 柳楽優弥、常盤貴子主演 南国タイの奥地 チェンマイの山奥の風景が 目にまぶしい。 子供に見せたい映画。 夏休みの課題図書のような映画。 ただ中学生以上には この映画はちょっとキビしい。 誰でも自分の求めるものを 実現でき...... [続きを読む]

受信: 2005.07.21 19:59

» 星になった少年(映画館)  [ひるめし。]
彼は、生きました。 夢に向かって急ぐように。 「誰も知らない」からくらべると柳楽くんは大きくなっていたけど演技力は???な感じ。スマイルくんやゾウさんたちの方がいい演技してたような・・・。 武田鉄矢が「子供」と「動物」には勝てないって言ってた。私もそう思う。だからやっぱり泣いちゃった。柳楽くんがゾウさんショーでマイクを持って挨拶するトコでね。 それと最後の常盤お母さんにもつられて泣いてしまった... [続きを読む]

受信: 2005.07.24 14:59

» 星になった少年 [a story]
主演柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、倍賞美津子、蒼井優 監督河毛俊作 脚本大森寿美男 製作2005年、日本 エレファントボーイ 実在した象使いの少年の短い人生を描いた作品。 動物プロダクションの長男小川哲夢(柳楽優弥)は、母佐緒里(常盤貴子)が象を購入したこ... [続きを読む]

受信: 2005.07.26 21:14

» 星になった少年 Shining Boy and Little Randy [利用価値のない日々の雑学]
すごい作品だった。予告編を何度も観ているから、「泣き」のポイントが何処だか分かっていて、しかもその場所の直前でも「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」と分かっていたにも係わらず、涙だけでなく鼻水まで止まらなくなった。すごい、常盤貴子って一体何者なんだろう。以前から彼女の演技力は日本女優でダントツなのは分かっていた。分かっていて、しかも、繰り返すようだが、この作品は何処で泣かされるかも分かっていたのに、そして精神的に張り巡らした防御シールドは殆ど完璧だったのに。そう、言い換えれば邦画でこんなに泣いた... [続きを読む]

受信: 2005.08.07 09:53

» 星になった少年 [泥海ニ爆ゼル]
では3、4日前に観た映画を。 「星になった少年」 「誰も知らない」カンヌ主演男優賞を獲得した柳楽優弥が受賞後の初主演となる映画。 今回も前情報なしで行ってきましたが、良かったなあ。 予告編でドラえもんだのムシキングだのやっていて、うわあそんなに対象年齢低いのかよ…と不安になったのですが、観ていて素直に気持ちのいい作品でした。 自分たちの食いぶちを切り詰めてでも、たくさんの動物たちを世話する奇特な両親に育てられた坂本哲夢。ある日象が我が家の動物園にやってきた。人目で象に見せられ、象使... [続きを読む]

受信: 2005.08.10 00:18

» 星になった少年 [aRt de ECO [アール・デ・エコ]]
 「星になった少年」  といえば、「スター★にしきの」を思い出す人は、    おしいっ。  いや、おしくない。  むしろ、おいしい。     でも実は、ここだけの話、  誰もが「心」癒され、胸がいっぱいになる、象と少年の話。    でも実は、ぼくだけの話... [続きを読む]

受信: 2005.09.02 02:00

» NO.128「星になった少年」(日本/河毛俊作監督) [サーカスな日々]
「ゾウの楽園」という夢は、特異な母と子によって、 地上に成立しようとしている。 2004年5月、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞で「誰も知らない」(是枝裕和監督)主演の14歳の柳楽優弥の名前が告げられたとき、少し、胸が熱くなった。ほんとうに、初々しく新鮮であったし、審査委員長のタランティーノの悪戯っぽい表情を思い浮かべてみたりもした。 思春期の少年少女たちは、たった1年で、信じられないほどの変�... [続きを読む]

受信: 2006.02.20 21:56

« ベトナムで見つけた(杉浦さやか) | トップページ | 火の粉(雫井脩介) »