« シンデレラマン | トップページ | 図書室の海(恩田陸) »

容疑者Xの献身(東野圭吾)

「数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ」ってことだけど(「純愛」と言う言葉が適切かどうか分からない)、とにかく楽しめました。本当によかったなあ。

天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論むのですが、ガリレオシリーズの湯川は大学の同級生でもある石神の提示した難題の真実に迫れるかって事で興味が行く作品です。

 
実は、石神が用いたトリックに関しては、伏線から薄々気づく人もいるかもしれませんね。実は私も途中でトリックそのものは薄々、、、って思っていたら、それすらも・・・!!最後まで石神の考えた(思い?)の本当の意味を知る事は、なかなか難しいかも。

ラストは、悲しい結果だったけど、一筋の救いがあった感じで、それがまた感動にもなるのかも。それにしても読者である私はトリックに目が行き過ぎて真の意味が出てきた終盤にびっくり。まるで警察のように翻弄されました。

でも、じゃ、どうすればよかったのだろう。
これじゃないやり方だったらどんな風になっていたのだろう。
なかなか結論は出ない。

★★★★★

|

« シンデレラマン | トップページ | 図書室の海(恩田陸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/6054420

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者Xの献身(東野圭吾):

« シンデレラマン | トップページ | 図書室の海(恩田陸) »