« リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと(林田 正光) | トップページ | 東京での食事 »

不安な童話(恩田陸)

かつて、海で死んだ女性画家の展覧会に行き、強烈な既視感を持った主人公が、その画家の息子に「生まれ変わり」であると告げられます。そこから、いろいろな事件が起こるのですが、最初の「生まれ変わり」と言うテーマにもあわせてだろうけど、少しホラーぽい雰囲気です。

そういう無ジャンル的な作品ですが、その意味で、犯人は誰かと言う重要なテーマ(もしかしたら、それは重要なテーマじゃないのかも)が少しぼやけ気味でした。最後は、着地もうまかったけど、もう少し「先生」か「主人公」に感情移入できたら、映画のようなシーンにも命が入ったような気もしました。

★★★

|

« リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと(林田 正光) | トップページ | 東京での食事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/7079871

この記事へのトラックバック一覧です: 不安な童話(恩田陸):

« リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと(林田 正光) | トップページ | 東京での食事 »