« スキップ(キャラメルボックス) | トップページ | ALWAYS三丁目の夕日 »

蜃気楼の殺人(折原一)

最近、少し簡単に謎解きでもしたいなあって思って手にした作品です。折原さんの本は結構読んでいるけど、トリックに目が行ってしまいストーリーを忘れがちになるので、この本も読んだことがあるのではないかと言う印象を受けてしまいました。はたして・・?

野々村省三夫妻は結婚25年目を記念に、新婚旅行として訪れた能登を再び巡る旅に出る。しかし、省三は死体として発見され、妻の文恵も行方不明となった。娘の万里子は「文恵が省三を殺し逃亡した」という警察の推理に納得いかず、自ら両親の足跡をたどり謎に迫ろうとするが、そこに、新たな謎と、捜査を邪魔する者が・・・。

なんて、話ですが、過去の話と現在の話が交差する独特のやり方は折原ワールドですが、どうも全体的には陳腐化した感じでしょうか?謎もそれほどのもではなく、最初の伏線からの二転三転があってもいいものが、概ねそのあたりに着地する結末。読みやすい感じだったけど、警察は何をしているのか、近所の人はどうだったのか、などなど、細かいことを気にすると気になる作品です。そういう点はあまり気にせずにサスペンスものとして楽しむといいかも。

で、この作品はかつて「奥能登殺人旅行」というタイトルだったものを光文社文庫収録時に改題、それに更なる加筆訂正を施して講談社文庫に再度収録したものと書かれていました。出版社を変えるのはしょうがないけど、タイトルを変えられるとつい間違って買っちゃう感じです。この作品も過去に読んでいたかもって気持ちも充分にありです。それすら思い出せないのだから、まあ、楽しめていいか。

★★★

|

« スキップ(キャラメルボックス) | トップページ | ALWAYS三丁目の夕日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/7463381

この記事へのトラックバック一覧です: 蜃気楼の殺人(折原一):

« スキップ(キャラメルボックス) | トップページ | ALWAYS三丁目の夕日 »