« あらしのよるに(木村裕一・あべ弘士) | トップページ | フライトプラン »

交換殺人には向かない夜(東側篤哉)

本格ミステリーベスト10で7位にランクイン。このミステリーがすごいでは、かすりもしなかった作品です。「このミス」と「本格」のランクインの違いが、この作品の特徴であるかもしれません。

ちなみに「本格」のベスト10の作品が「このミス」で何位か調べてみると
本格-このミス
1位-1位
2位-2位
3位-19位
4位-14位
5位-5位
6位-21位
7位
8位-14位
9位
10位-50位

2作のうちひとつになっています。
この作品はシリーズものらしく(初めて読んだので)、何でも「烏賊川市」シリーズと言うらしいです。「奥床市」でのシーンから始まり、それぞれ口に出して読むと「いかがわし」「おくゆかし」って・・・ユーモアと言うよりはギャグの雰囲気が出ています。

登場人物もなかなかそんなユーモアある人物に描かれていますが、その分、軽い作品になっている感じは否めません。交換殺人と言うだけで、少し構えちゃうトリックがありそうですが、そのトリック自体や、読者を欺くような手法は、なかなかのアイディア満載とは思うのですが、なんとなく、思い切りだまされたと感じることがなかったです。少しどたばたするからでしょうから。じっくり取り組むトリックとしては楽しいものって感じました。

しかし、ヒロインはなかなか魅力的で(詳しくはネタバレになるので言えないけど)、この人をメインに書かれた作品なら他の作品も楽しめるかも。

★★★☆

|

« あらしのよるに(木村裕一・あべ弘士) | トップページ | フライトプラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/8260477

この記事へのトラックバック一覧です: 交換殺人には向かない夜(東側篤哉):

» 東川篤哉「交換殺人には向かない夜」 [フォーチュンな日々]
本日ご紹介するミステリーは、東川篤哉さんの「交換殺人には向かない夜」です。 ●あらすじ鵜飼探偵事務所に、依頼人の女性が現れた。十条寺家から紹介されたという善通寺咲子に、夫である善通寺春彦の浮気調査を依頼された鵜飼探偵は、ビルオーナーの朱美と共に、彼女�... [続きを読む]

受信: 2006.02.28 23:55

« あらしのよるに(木村裕一・あべ弘士) | トップページ | フライトプラン »