« キングコング | トップページ | THE 有頂天ホテル »

神様ゲーム(麻耶雄嵩)

小学4年生の芳雄の住む神降市で、連続して残酷で意味ありげな猫殺害事件が発生。芳雄は同級生と結成した探偵団で犯人捜しをはじめることにした。そんな時、転校してきたばかりのクラスメイト鈴木君に、「ぼくは神様なんだ。猫殺しの犯人も知っているよ。」と明かされる。大嘘つき?それとも何かのゲーム?数日後、芳雄たちは探偵団の本部として使っていた古い屋敷で死体を発見する。猫殺し犯がついに殺人を?芳雄は「神様」に真実を教えてほしいと頼むのだが……。

これが本のカバーにある紹介です。いかにも少年少女向けの探偵小説って感じが出て雰囲気がいいので引用しました。

神様だという謎の同級生がいると言うのが、ほのぼのした雰囲気になります。学園モノで少年探偵団と言う子供向けの要素は満載です。

 
しかし、この本はそんな子供向けの体裁(シリーズが子供向けシリーズですが)にもかかわらず恐るべき結末と意外な展開で、さすがに「このミステリーがすごい」の5位だけの事はあります。意外で残酷なラストから一転「どちらかが彼女を殺した」(東野圭吾)のように放心状態になりました。これ以上はネタバレになるので書けません。まずは読んでみよう!です。しかし、子供には向かない本でしょう。

神様がいることで、謎はそのまま解答に結びつく感じで、その解答を見つけるための論理や推理などの謎解きが後になります。その流れ自体がこの本の重要な点なんでしょう。ですから、あんなラストが・・・

★★★★★

|

« キングコング | トップページ | THE 有頂天ホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/8153234

この記事へのトラックバック一覧です: 神様ゲーム(麻耶雄嵩):

« キングコング | トップページ | THE 有頂天ホテル »