« 小さき勇者たち~ガメラ~ | トップページ | 天国と地獄 »

ダ・ヴィンチ・コード(上)(ダン・ブラウン)

ルーヴル美術館のソニエール館長が異様な死体で発見された。死体はグランド・ギャラリーに、ダ・ヴィンチの最も有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉を模した形で横たわっていた。殺害当夜、館長と会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンは、警察より捜査協力を求められる。現場に駆けつけた館長の孫娘で暗号解読官であるソフィーは、一目で祖父が自分にしか分からない暗号を残していることに気付く……。

かなりのヒット作品でしょうけど、外国作品と言うことで避けていました。今度映画化されることになり、しかも、盗作の疑惑が裁判では退かれたので、無事公開でしょう。そこで、先に原作を読んでおこうというのがGWのテーマです。

ダヴィンチコードと言うくらいだから暗号に関することでしょうけど、それがどんな話か前知識もなしに読み始めました。なんとなく読み進めるうちに、インディジョーンズみたいな感じをお持ちました。そして、上巻最後に出てくる「聖杯」!まさにインディ(^^)。宗教のうんちくが散りばめており、学術的に暗号を解くと言う感じはするものの、深夜のルーブル博物館やパリの中を駆け巡るカーチェイスなど、映画のシーンをイメージするとインディジョーンズになっていました(^^)

登場人物も少なく人の名前も分かりやすかったので、結構スピーディに読めました。
と言うことで、とりあえず(上)を終えた時点での感想です。続けて(中)に挑戦。

★★★★★

|

« 小さき勇者たち~ガメラ~ | トップページ | 天国と地獄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/9814634

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード(上)(ダン・ブラウン):

» ダ・ヴィンチの性格から分析するモナ・リザの謎 [シカゴ発 映画の精神医学]
モナ・リザのモデルは誰だったのか? 美術界の長年の謎に、挑みます。ヒントは、ダ・ヴィンチの発明品と彼の「性格」です。天才ダ・ヴインチの性格はどのようなものだったのか? 驚くべき、モナ・リザの謎とは。 [続きを読む]

受信: 2006.05.20 10:47

» ダ・ヴィンチ・コード! [闇   市]
今話題のダ・ビンチ・コード映画を見る前には読んでおきたいですね!ダ・ヴィンチ・コード (上)角川書店ダン・ブラウン(著)越前 敏弥(翻訳)発売日:2004-05-31発送時期:通常2���3日以内に発送ランキング:331おすすめ度: 宗教に無関心な人こそ読むべし! 評判どおり面白い この本は、ページをめくる手を休めさせてくれない。 まあまあでした^^ キリスト教の歴史に興味を持ちましたamazo... [続きを読む]

受信: 2006.05.25 07:02

« 小さき勇者たち~ガメラ~ | トップページ | 天国と地獄 »