« ハーフタイムシアター | トップページ | 今、会いにゆきます »

クローズド・ノート(雫井脩介)

「火の粉」「犯人に告ぐ」の俊英が贈る2006年最初にして最高の物語!
と言うキャッチコピーです。この作家の「火の粉」も「犯人に告ぐ」も読んでいるので、これは読まないわけにはいけません。で、その手のミステリーと思って読むと大きな間違い。ちゃんと帯に書いてあるけど「切なく暖かい恋愛小説」でした。よくみれば、表紙のイメージからもそんな感じはしたのです(^^;

気になったことを先に書いちゃおう。
万年筆の話は、興味のあるものだったし、よかったとは思うけど、少し冗長すぎなかっただろうか?どうも本題の前が長すぎるような印象をぬぐえません。また大学生がこんなに万年筆に詳しいとは驚きです。そういえば、自分は万年筆を使わないなあ。いい物を使ってみたいけど、やっぱりボールペンがいいかな。

さて、その万年筆の話題は、のちの話につなげる上で重要なことでしょうけど、もうひとつ気になること。あまり重要ではないキャラ(^^;だけど、星美と言う女性が出てきます。この女性、、、ドラマに出てくるような嫌らしいキャラで(でも、それも本当にそうなのか?恋する女性からライバル視で表現されているから不利な面もあるとは思うのです)、それもあまりにそれすぎて演技を見ているようで、現実感をもてなかったです。

感動?のラストは、途中でカラクリが見えちゃったので少し半減ですが、伊吹先生のノートは清々しいものがありました。後はネタバレになるので(推理ものじゃないけど、ストーリーも楽しみと言うことで)、読んでのお楽しみと言うことにしましょう。

★★★★

|

« ハーフタイムシアター | トップページ | 今、会いにゆきます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/9607264

この記事へのトラックバック一覧です: クローズド・ノート(雫井脩介):

« ハーフタイムシアター | トップページ | 今、会いにゆきます »