« 模像殺人事件(佐々木俊介) | トップページ | 伝わる・揺さぶる!文章を書く(山田ズーニー) »

陽気なギャングが地球を回す

Photo_9今月いっぱいの映画館の招待券があったので日曜日の朝の部で見てきました。公開2日目と言うことで混雑もあるかなと思いましたが、10名ほどの観客。なかなか映画界は厳しいなあ。

ご存知、原作は伊坂幸太郎さんの同名小説。2003年のこのミステリーがすごいで6位になっている作品です。

人の嘘を見抜く能力ある公務員の成瀬、演説の達人である喫茶店主の響野、天才すり師の青年久遠、体内時計のあるシングルマザーの雪子、この4人がロマンのある銀行強盗を企てて実行します。なんとなく、銀行強盗と言う悪の道にもかかわらず憎めないどころか、応援したくなるのは「明日に向かって撃て」のような感じでもあります。確かに陽気と言うか明るいギャングたちです。

物語は爽快でスピード溢れる展開、それにこうしたキャラですから、当然といえば当然だけど映画もコメディー映画のようになっていました。映像化してしまうと活字の想像の世界はこうなるのかなと思ったりしましたが、少しそのノリは個人的にはついていけない面もありました。

豪華なキャスト、、あの能力のキャラたち、、キャスティングの見事さ、、、そんな充分な素材があった映画だったので、銀行強盗に至るまでのアプローチを充分に描いてもいいし、逆に銀行強盗としたお金が盗まれてしまうことの謎をもう少し深く描いてもいい(原作ではそちらが気になったです)と感じました。映画から、底抜けの爽快感を感じられなかったのも残念。このあたりは原作のよさに期待しすぎだったかな。でも、まだまだ料理の仕方があったようなあ作品でもありました。

★★★

|

« 模像殺人事件(佐々木俊介) | トップページ | 伝わる・揺さぶる!文章を書く(山田ズーニー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/10063136

この記事へのトラックバック一覧です: 陽気なギャングが地球を回す:

» 『陽気なギャングが地球を回す』観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『陽気なギャングが地球を回す』鑑賞レビュー! A CHEERFUL GANG TURNS THE EARTH. 公開年月▶2006/5/13 製作国▶日本 上映時間92min( 1時間32分) 配給▶松竹 ウソ発見器+体内時計+スリ+演説=犯罪ドリームチーム ロマンは、どこだ!!!! ロマンあふれる犯罪計画と ロマンチックなラブストーリー 日本映画界を支える最高のキャストが集結!! 日本を代表するプレーヤーによ... [続きを読む]

受信: 2006.05.29 22:14

« 模像殺人事件(佐々木俊介) | トップページ | 伝わる・揺さぶる!文章を書く(山田ズーニー) »