« ウェブ進化論(梅田望夫) | トップページ | 強い会社をつくりなさい(小山昇) »

「良心ある企業」の見わけ方 向社会性という新しい企業価値(小榑雅章)

ウェブ進化論の後に読んだ影響もあるのだろうけど、いかにも古いと言う感じがしました。

ここでいわれている企業の品格と言うのは、たとえば、今はやりのライブドア問題や村上ファンド問題に代表されるように、かなりグレーぽい手法についても、まとめられていて、かつての大企業の不祥事とは、また違った意味で経営者の品格が重要になって句と言う点で同意したいところです。

しかし、企業そのものをある1点から見て、それだけで評価する事は出来ないし、その実例としてダスキンを取り上げていたりするのだけど、品格の基準が曖昧で、読んでいて心の響くものがなかったです。

ダイエーが破綻したことについては、あまり書いていませんでしたが、納入業者への無理なリベート要求などあった事実について、こうしたこと自体も品格がある企業といえるのかどうか、自らメスを入れて欲しかったものです。

★★

|

« ウェブ進化論(梅田望夫) | トップページ | 強い会社をつくりなさい(小山昇) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/10629119

この記事へのトラックバック一覧です: 「良心ある企業」の見わけ方 向社会性という新しい企業価値(小榑雅章):

« ウェブ進化論(梅田望夫) | トップページ | 強い会社をつくりなさい(小山昇) »