« バルトの楽園(シネマ3) | トップページ | 小林研一郎指揮 ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団 ピアノ:川村文雄 »

絵門ゆう子のがんとゆっくり日記(絵門ゆう子)

NHKのアナウンサーで当時は池田裕子さんが、その後、フリーとなり、キャスターや女優として活躍していた2000年に乳がんが発症。そして全身に転移したのですが、その後は、がんと向き合ってと言うか、がんと共存して、がんの治療を受けつつも執筆や講演、朗読コンサートなどを行なってきた記録です。朝日新聞に連載していたものをまとめたもの。(最近、モニターとしてこの本が当たったのです)

2006年4月6日に亡くなったのですから、つい最近のことです。この日記はその1週間前の新聞掲載の3月30日で終わっています。がんと戦うと言うよりも、どの人にも人生の終わりはあるのに、がんと言うだけど余命が・・とか言うのは嫌だと言うことで、今生きていることに感謝して、今日をしっかり生きると言う感じが出ていました。

しかし、タイトルは「ゆっくり日記」なんですが、読むと本当に忙しそうにあちこち飛び回って活動をされています。どう考えても「奮闘日記」みたい(^^)。しかも、たまに出てくるご主人がほのぼのしていて、こちらの方のほうが「ゆっくり日記」的な雰囲気をかもし出していました。

本来、何年間か1週間ごとに連載されたものなので、それを一気に読むと、なんとなく同じイメージがこびりつくようで、同じテーマの日記をまとめて読むものじゃないかもしれない。でも、「がん」と宣言されたらこんなふうに気丈に生きれるだろうか?絵門さんの人柄と言うか行き方には本当に学ぶところも多い本です。

★★★

|

« バルトの楽園(シネマ3) | トップページ | 小林研一郎指揮 ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団 ピアノ:川村文雄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/10701120

この記事へのトラックバック一覧です: 絵門ゆう子のがんとゆっくり日記(絵門ゆう子):

« バルトの楽園(シネマ3) | トップページ | 小林研一郎指揮 ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団 ピアノ:川村文雄 »