« 原稿用紙10枚を書く力 (斎藤孝) | トップページ | 日本沈没(テアトル1) »

明日の記憶(荻原浩)

映画を見てからずいぶん経つような印象ですが、ようやく原作を読みました。映画を先に見ているので、原作に忠実だった映画を知っていると、物語展開も先が見えていて、すいすい行きます。

逆に病気の進み具合にハラハラすることもなく、その点は残念かな。原作にはなくて映画にあったシーンもあるけど、全体的には多分、先に読めば本に感動して、先に映画を見れば映画に感動するような作品だなって印象です。と言うことで、単独で評価するのは難しく、あとから読んだ本は少々厳しい評価になるのはやむをえない感じです。
ミステリーじゃないのに犯人を知って読んでいる推理小説のようです。

★★★★

|

« 原稿用紙10枚を書く力 (斎藤孝) | トップページ | 日本沈没(テアトル1) »

コメント

「明日の記憶」の吉田武宏って医者は,実際のモデルがいるんでしょうか.俳優もミツヒロだったり.
「神経内科」に,認知症専門の医者で吉田○宏って載ってましたけど,関係あるのかな.

投稿: PONTA | 2006.08.11 16:30

こんにちは、PONTAさん

さあ、どうでしょう。
モデルがいるのでしょうか?
私は及川さんはどうしても白い巨塔の
弁護士役が印象深いので(^^;
なんとなく、医者としても厳しい方の
ような印象を持っちゃいます。
映画の中ではご自分の家庭でも苦労されて
いたみたいですね。

投稿: ごえもん | 2006.08.13 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/10974841

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の記憶(荻原浩):

« 原稿用紙10枚を書く力 (斎藤孝) | トップページ | 日本沈没(テアトル1) »