« 金聖響指揮 オーケストラ・アンサンブル金沢 ソプラノ:森麻季 | トップページ | 世界を見る目が変わる50の事実(ジェシカ・ウィリアムズ) »

赤い指(東野圭吾)

デビューから60冊目、直木賞受賞後第1作。しかも、構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説ということだけ知っていて読みました。テーマは「家族」と言うことも知っていたかな。とにかくほとんど何も知らない状態で読めたので一気に話の中に飛び込めて、あっと言う間に読めました。さすがに一筋縄では終わらない話は、東野圭吾さんの真骨頂です。

詳しくは、書かないでおきたいです。まずは、未読の方は読んでみてから・・・と言うことで。

 
でも、それじゃブログに書く意味がないので、少しだけ、、、、

「早く帰ってきてほしいんだけど」
前原昭夫は、妻から切羽つまった様子の電話を受けた。重い気持ちで家に帰ると、庭に幼い少女の遺体が。部屋に閉じこもる息子のやったことなのか。
認知症の母と夫婦と息子1人のどこにでもありそうな家族。前原は仕事を理由に家庭をかえりみず、息子はいじめから閉じこもりがち、妻と前原の母はうまく行かず、寒々とした家庭となっている。

こんな環境での事件とどう向かい合うのか?それは事件と向かい合うと言うことよりも、事件を通して家族と向かい合うことだったのです。

突っ込みはあるけど、全体的にはエンターティメントとして、とてもよく出来ています。
今の時代にはどこにでもありそうな話だけに、より恐い内容になっています。まだまだ恐さを煽ることもできたような内容でした。そのあたりは作品のサイズ(長さ)も関係して、特別に掘り下げる事はなく終わっていますが、その方が読後感の何ともいえない余韻は大きい効果があったと思います。

少子化で子供をもっと産めといわれても、ちゃんと全うに育つのかどうか、そう思うと何人も産むのはすごくリスクのある時代になった・・って変なところに結び付けてしまいました(^^;

将棋の話はよかったなあ。こういうのは弱いんです(;_;)

★★★★★☆殿堂入り

|

« 金聖響指揮 オーケストラ・アンサンブル金沢 ソプラノ:森麻季 | トップページ | 世界を見る目が変わる50の事実(ジェシカ・ウィリアムズ) »

コメント

TBさせていただきました。

家族とか親子とか、いろいろ考えさせられる切ない本でした。

投稿: タウム | 2007.01.29 07:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/11119695

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い指(東野圭吾) :

» 「赤い指」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
東野圭吾氏が「容疑者Xの献身」で第134回直木賞を授賞したのは、今年初めの事だった。古くから彼の作品に惚れ込んでおり、「やっと世間に認められた。」という嬉しさは在ったが、同時に「『容疑者Xの献身』は彼の力量からすればイマイチな内容なのに、何故この作品で?」という不本意さの様なものも在ったりで、複雑な心中だった。そしてこの程、直木賞授賞後の第1作目として発行されたのが「赤い指」という作品だ。 ********************�... [続きを読む]

受信: 2006.07.31 02:34

» お薦めの一冊! [一番星☆]
東野圭吾さんの「赤い指」を読みました。「容疑者xの献身」での直木賞受賞後の第一作。大きな期待をして読んだ作品でしたが、その期待を裏切らない、期待以上の作品でした。構想6年の後に書きあげられた長編小説ということですが、事件を解決していくのが、以前の作品にも...... [続きを読む]

受信: 2006.07.31 20:00

» (書評)赤い指 [たこの感想文]
著者:東野圭吾 赤い指価格:¥ 1,575(税込)発売日:2006-07-25 [続きを読む]

受信: 2006.08.12 04:57

« 金聖響指揮 オーケストラ・アンサンブル金沢 ソプラノ:森麻季 | トップページ | 世界を見る目が変わる50の事実(ジェシカ・ウィリアムズ) »