« ミッション:インポッシブル | トップページ | 陽気なギャングの日常と襲撃(伊坂幸太郎) »

スタンド・バイ・ミー(コレクターズ・エディション)

有名な曲が印象深い、スティーヴン・キングの短編小説を映画化した名作。59年、オレゴン州の小さな町、キャッスルロック。ともに12歳のわんぱく仲間4人が、森の奥で行方不明になった少年を見つけだそうと冒険に出る。しかしこの2日間の冒険は、それぞれ生涯忘れられない思い出となるのだった。

と言う話です。青春を感じる年に見るといいのだろうけど、この夏の自主勉強で見た感じでは、いまいち感じるものが少なかった。期待が大きかったのかも。昔見た「明日に向かって撃て」や「スティング」などを見たらどう感じるだろう。それとも「小さいな恋のメロディ」なども見ても、昔ほど感動することがなくなった。枯れてしまった自分に対して悲しい思いでいっぱいです(^^;

|

« ミッション:インポッシブル | トップページ | 陽気なギャングの日常と襲撃(伊坂幸太郎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/11482437

この記事へのトラックバック一覧です: スタンド・バイ・ミー(コレクターズ・エディション):

« ミッション:インポッシブル | トップページ | 陽気なギャングの日常と襲撃(伊坂幸太郎) »