« ひとがた流し(北村薫) | トップページ | 手回しラジオ »

福家警部補の挨拶(大倉崇裕)

これは面白かったなあ。現場を検分し鑑識の報告を受けて聞き込みを始める頃には、事件の真相が見えている?!おなじみ刑事コロンボ、古畑任三郎の手法で畳みかける、四編収録のシリーズ第一集。
と言うことで、ぜひとも第二弾も期待したいところです。

作品は短編ですが、コロンボ同様に、まずは殺人のシーンから始まり、次にシーン展開があり、福家警部補の登場となります。このあたりは、古畑任三郎よりもずっとコロンボ的です。しかも、映像的なイメージがすぐに湧くような書き方なので、とても楽しめます。そのままドラマ化を期待したいものです。

福家警部補は、チビで童顔、警察バッチをなかなか見つけられなくて、警察官と見てもらえないのです。よれよれのコートは着ていませんが、黒いコートはよく着ているみたい。さらに、お酒に強く映画にも詳しいし、徹夜でもビクともしない「女性刑事」なのです。ドラマ化すると、はたしてどんな方が担当だろうなあ。

 
小説自体としては、もう少し切れ味を鋭く出来るのじゃないかなと思ったりもしました。こうした作品では、最後に犯人を諦めさせる「決め手」が重要です。その「決め手」はなるべく、誰もが目にしていて気が付かないようなことがいいですね。また「決め手」はひとつでいいです。

「最後の一冊」では本を愛するあまり、「月の雫」ではお酒を愛するあまりに、犯行を犯し、またそのためにほころびを見せてしまうのです。この2作品がよかったです。他も面白かったですが、「愛情のシナリオ」では、途中のカメラマンからの証言取りがご都合主義過ぎるようだったし、そのこと自体が「決め手」にもならないので、少々残念でした。
しかし、久しぶりに刑事コロンボを見るように楽しめました。


収録作品

最後の一冊
オッカムの剃刀
愛情のシナリオ
月の雫

★★★★★☆

|

« ひとがた流し(北村薫) | トップページ | 手回しラジオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/11705807

この記事へのトラックバック一覧です: 福家警部補の挨拶(大倉崇裕):

» 古畑任三郎VsSMAPが甦る!フジ系10・9から放送 [芸能☆極秘☆ニュース]
平均32.3%の高視聴率を記録したフジテレビ系スペシャルドラマ「古畑任三郎 VS SMAP」(平成11年1月放送)が装い新たによみがえり、10月9日午後9時から放送される。 過去の人気作品に新しい趣向を交えて放送する同局の新企画「ドラマレジェンド スペシャル」の第1弾。今回は、古畑シリーズの中でも人気の高い「���VS SMAP」を振り返る一方、過去に放送された同シリーズの名場面などを紹介し、... [続きを読む]

受信: 2006.09.19 19:16

« ひとがた流し(北村薫) | トップページ | 手回しラジオ »