« UDON(シネマ1) | トップページ | ひとがた流し(北村薫) »

被害者は誰?(貫井徳郎)

今まで読んだ貫井さんの作品とは少し作風が違い、なかなか器用な作家なのかなと言う印象でした。最初に読んだのが追憶のかけらだっらからかも。

この作品は
・被害者は誰?
・目撃者は誰?
・探偵は誰?
・名探偵は誰?
の4作品からなります。単純な?犯人当てでない事は、タイトルからも分かるとおり。

例えば、「被害者は誰?」では、庭に埋められていた白骨死体が見つかりますが、その身元を推理するのに、そこの住人が黙秘を貫く中、警察は押収した手記をもとに、被害者の特定を試みると言う構成になっています。文中に手記や作品が登場するスタイルは、「追憶のかけら」と同じような構成になっていますが、出てくるキャラクタが破天荒でコミカルになっています。そこが一番の違いかな。

「探偵は誰?」のあとに「名探偵は誰?」の作品が来るなんて言うところも憎いところで、まんまとだまされました。トリックは、犯罪トリックと言うよりは、推理小説の構成そのもののトリックで、こうした作品も最近はよく見かけますが、それでもよくだまされます(^^;

★★★☆

|

« UDON(シネマ1) | トップページ | ひとがた流し(北村薫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/11610674

この記事へのトラックバック一覧です: 被害者は誰?(貫井徳郎):

» 探偵・興信所(事務所・ファイル・浮気・調査)の完全オススメ情報 [探偵・興信所(事務所・ファイル・浮気・調査)の完全オススメ情報]
探偵・興信所(事務所・ファイル・浮気・調査)の完全オススメ情報 [続きを読む]

受信: 2006.09.07 17:21

« UDON(シネマ1) | トップページ | ひとがた流し(北村薫) »