« 出口のない海(シネマ2) | トップページ | ぼくのメジャースプーン(辻村深月) »

かもめ食堂(メトロ劇場)

Kamome群ようこさんの作品で、この映画のために書き下ろしたので原作と言うのかどうか分からないけど、フィンランドのヘルシンキで日本料理の食堂「かもめ食堂」を営業する女性のもとに人が集まり、ほのぼのと進んでいく物語。特に大きな事件があるわけでもなく、私など馴染みのないフィンランドの時間的な流れを楽しみながら見るような映画になっていました。

小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさんの3人がそれぞれ強烈なキャラクターを醸しだしているので、劇場内からも思わず笑い声が漏れるほど楽しい作品になっています。こうした作品はなかなか地方では見れないのですけど、メトロ劇場さんの活動に感謝したい感じです。

ガッチャマンの歌を、、、私も「だれだ」のあとが思い出せなかったのです。だから小林さんの気持ちがよく分かります(^^)。小林亜星さんの作曲とは知らなかった。歌っていたのは子門真人。なるほどねえ。

★★★★★

|

« 出口のない海(シネマ2) | トップページ | ぼくのメジャースプーン(辻村深月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/11944825

この記事へのトラックバック一覧です: かもめ食堂(メトロ劇場):

« 出口のない海(シネマ2) | トップページ | ぼくのメジャースプーン(辻村深月) »