« 夜のピクニック(テアトル3) | トップページ | ブラックダリア(テアトル2) »

ワールドトレードセンター(テアトル1)

Word2001年9月11日、あのテロを題材にした映画は、今年はユナイテッド93というドキュメンタリー風の映画がありましたが、こちらは救出に向かったニューヨーク市警の姿を映画いた作品です。

「夜のピクニック」を見に行ったことで映画館のポイントが溜まり、それ続けて見た映画です。したがってこの日は2本の映画をお金を使わずに見ました(^^)

映画自体は、よくあるような話なんですが、それが災害パニック映画じゃなくってテロであることが暗い影を落としています。助けに行って亡くなった方の多さを思うと、むしろ助けられた方が珍しく、その事実が作り物のパニック映画との違いと感じます。

正直言って、ストーリーだけなら可もなく不可もなくって程度で、むしろ新たな切り口でテロ事件を表現した「ユナイテッド93」の方がインパクトが強い感じですが(でも、あの映画は救われない(^^;)、こちらの映画では、むしろ信じあうことや助け合うことが重要と言うテーマのようで、アメリカらしい映画になっています。

★★★★☆

|

« 夜のピクニック(テアトル3) | トップページ | ブラックダリア(テアトル2) »

コメント

映画はあまり見ないのですが、この映画夫のお供でみました。半分以上が埋まっているシーンだったので辛く疲れました。何年か前の9.11の映画と比べると訴えてくるものが少なかった気がします。おっしゃるとおりアメリカらしいといえばそんな気がいたします。

投稿: tama | 2006.10.09 22:13

こんにちは、tamaさん。

映画はユナイテッド93の方が個人的には好きでしたが、こちらの方が万人受けするのかもしれませんね。

今度は、時をかける少女を見てみたいと思います。

投稿: ごえもん | 2006.10.11 20:41

昨日、観てきましたのですが、
今朝、ニューヨークの高層ビルに
小型飛行機が追突する事故があり
とてもびっくりしました。
私がこれくらい驚いたのですから、
ニューヨークの人たちは、本当に恐かったでしょうね。

投稿: らずむっち | 2006.10.12 19:58

らずむっちさん、こんにちは。

そうそう、今日のニュースはショッキングでしたね。44階あたりが燃えている映像が・・・。

9.11のときも当初は小型機と思われていたのですね。
状況の飲み込めないまま助けに向かう人に本当に脱帽モノです。

投稿: ごえもん | 2006.10.12 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/12210331

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドトレードセンター(テアトル1):

» ワールド・トレード・センター [シェルティ Pазум official site DIARY]
(ぼくは、助けにいけません…) 「ワールド・トレード・センター」を観てきた。 ビルの炎上シーンや崩壊シーン、 人々が避難しているシーンに涙が出てくる。 オリバーストーン監督は、 政治的メッセージより、「人々の行い」を描きたかったようだ。 主人公の二人は、不死身のヒーローとなって 多くの人を助けたわけじゃない。 ただ、ただ、生きただけ。 そのことが観ている人を圧�... [続きを読む]

受信: 2006.10.12 19:54

» ワールド・トレード・センター [金言豆のブログ ・・・映画、本について]
2006年10月7日公開  それにしてもアメリカっつ〜国は大したもんです。  映画のネタが無い無いって万年言ってるわりには、テロだの紛争だの、事実に基づいた戦争のネタにはつきないという・・・それだけ継続的にしょっ... [続きを読む]

受信: 2006.10.18 18:42

« 夜のピクニック(テアトル3) | トップページ | ブラックダリア(テアトル2) »