« 地下鉄(メトロ)に乗って(テアトル3) | トップページ | デスノート ~THE LAST NAME~ »

時をかける少女(メトロ劇場)

Toki2日連続のタイムスリップモノです。
かつて、NHKの少年少女ドラマシリーズで「タイムトラベラー」として放映されていたものが一番古い印象ですけど、原田知世主演による映画で、松任谷由実さんの主題歌が一番印象深いかも。

しかし、このアニメ映画は、それから20年後の世界で、かつてのヒロイン・芳山和子の姪である紺野真琴が主人公となっています(芳山和子は魔女叔母さんのあだ名で出演しています)。

夏に東京で公開していましたが、ようやく福井でも10月28日から公開されました。
それにしても、これは楽しめるいい映画ですね~。

思い切り青春映画でした。それも今風の高校生がそのまま出ているようで感じがよかったです。アニメなのでかなりコメディっぽいところもあるのですが、最後のタイムリーブ(タイムスリップじゃなくって、こんな風に言っていました)あたりは、プチ感動の要素もしっかり入っていて、すんなり素直に楽しめる1作となっていました。

映画館から帰るときに、自分の腕に数字が現れていないのか、もちろん確認しました!鳥肌が立っていただけでした!?魔女の叔母さんが言っていたように、あの頃の年頃にしか現れない能力なんですね。

★★★★★☆

|

« 地下鉄(メトロ)に乗って(テアトル3) | トップページ | デスノート ~THE LAST NAME~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/12476511

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女(メトロ劇場):

« 地下鉄(メトロ)に乗って(テアトル3) | トップページ | デスノート ~THE LAST NAME~ »