« 私のベスト2006年映画編 | トップページ | ふるさと第九 in ハーモニー »

今年のこのミステリーがすごい

「このミステリーがすごい」の日本版ベスト10です。
この中で読んでいるのは、やはり「名もなき毒」「赤い指」のみです。「デッドライン」と「シャドウ」はこれから読むつもりですし、「夏期限定」もチャンスがあれば読もうかな。それだけ読むと、ベスト10のうち半分は読む事になります。


「週刊文春」「本格」「このミス」と共に、ベスト10に入ったのは、「シャドウ(道尾秀介)」のみです。


 1位 独白するユニバーサル横メルカトル(平山夢明)
 2位 制服捜査(佐々木譲)
☆3位 シャドウ(道尾秀介)
 4位 狼花(大沢在昌)
○5位 銃とチョコレート(乙一)
★6位 名もなき毒(宮部みゆき)
 7位 贄の夜会(香納諒一)
 8位 怪盗グリフィン、絶体絶命(法月綸太郎)
★9位 赤い指(東野圭吾)
○10位 夏期限定トロピカルパフェ事件(米澤穂信)
☆10位 デッドライン(建倉圭介)

★既読、☆読書待ち、○今後読むかも

昨年は、「容疑者Xの献身」が「本格ミステリ・ベスト10 2006年版」「このミステリーがすごい!2006」「2005年「週刊文春」ミステリベスト10」を全て1位で独占しました。のちに、「第6回本格ミステリ大賞」「第134回直木賞受賞」と言う事で賞を総なめした感じでした(過去の東野圭吾さんの実績から直木賞はもっと早くもらっていても不思議はなかったので、たまたま重なった感じでしょうけど)。
それに比べると、今回は3つのミステリー大賞は全部別です。
特に、本格ミステリーベスト10の1位である「乱鴉の島(有栖川有栖)」は、このミスにはベスト10でもなかったです。読んでいない本ですが・・・・。機会があったら読んでみようっと。

あと1冊で今年は70冊。今読んでいる本を完読したら、自分のベスト10を紹介しよう。

|

« 私のベスト2006年映画編 | トップページ | ふるさと第九 in ハーモニー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/13167653

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のこのミステリーがすごい:

« 私のベスト2006年映画編 | トップページ | ふるさと第九 in ハーモニー »