« 戦場の郵便配達 | トップページ | 敬愛なるベートーヴェン(コロナシネマ7) »

本格ミステリ・ベスト10

週刊文春につづいて、今度は本格ミステリーベスト10です。
見てみたら、こちらは2冊読んでいました。

「顔のない敵」「福家警部補の挨拶」です。
このうち、「福家警部補」は刑事コロンボファンにはたまらない1冊です。ぜひシリーズ化して欲しいものです。「夏期限定」は、「春期限定」を読んでいるだけに、チャンスがあれば読んでみようかな。

 
すごいのは、道尾秀介さんが三作も入っていること!すごいと言うか、今年が不作と言うかどちらなんだろう。でも、全体的にはちょっと不作じゃないかな。

1位 乱鴉の島(有栖川有栖)
2位 顔のない敵(石持浅海)
3位 厭魅の如き憑くもの(三津田信三)
4位 夏期限定トロピカルパフェ事件(米澤穂信)
5位 邪魅の雫(京極夏彦)
6位 シャドウ(道尾秀介)
7位 骸の爪(道尾秀介)
8位 福家警部補の挨拶(大倉崇裕)
9位 向日葵の咲かない夏(道尾秀介)
10位 仮面幻双曲(大山誠一郎)

|

« 戦場の郵便配達 | トップページ | 敬愛なるベートーヴェン(コロナシネマ7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/13013781

この記事へのトラックバック一覧です: 本格ミステリ・ベスト10:

« 戦場の郵便配達 | トップページ | 敬愛なるベートーヴェン(コロナシネマ7) »