« 日本以外全部沈没(メトロ劇場) | トップページ | それでもボクはやっていない(テアトル4) »

嗤う闇―女刑事音道貴子(乃南アサ)

女刑事音道貴子シリーズは結構好きなシリーズで、全部読んでいるかもしれません。今回は隅田川東署に異動となって、そこでの活躍を描く短編集でっしたが、なかなか魅力的な脇役も多く、飽きずに楽しめる作品集でした。下町の色がよく出ているのは「残りの春」かな。「木綿の部屋」は印象に残る作品でしたが、それは滝沢刑事が出てきて、しかもその娘の家庭に話になっているからです。どうも滝沢刑事には似合わないけど。

そういう意味では、滝沢刑事(もともとこの隅田川東署のメンバーじゃないけど)の魅力は半減で、ノンキャリアの玉城、キャリアの沢木、鑑識の早苗などの方が面白かったです。キャリアの沢木とは、もう1作くらい事件でコンビを組んで欲しいものです。

収録作品

その夜の二人
残りの春
木綿の部屋
嗤う闇

★★★★☆

|

« 日本以外全部沈没(メトロ劇場) | トップページ | それでもボクはやっていない(テアトル4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/13580117

この記事へのトラックバック一覧です: 嗤う闇―女刑事音道貴子(乃南アサ):

« 日本以外全部沈没(メトロ劇場) | トップページ | それでもボクはやっていない(テアトル4) »