« ロンドンに行こう | トップページ | 胃カメラ »

フィッシュストーリー(伊坂幸太郎)

伊坂さんの短編集ですが、書かれた時期もまちまちで、その意味でもそれぞれ楽しめました。最初に知らずに読んでいたころの驚きはなくなりましたが、会話など伊坂ワールドを醸し出して、それがキャラの性格づくりにも大きな影響を与えている感じです。そこが面白かったのですが、なかでも、サクリファイスの90歳のおばあちゃん(実際は92歳だけど)が私のお気に入りです。

その作品に出ている黒澤は、ポテチでも重要な役割を担っていますが、ただ、こうしたクロス出演も少しマンネリ化した感じはあります。でも、そこがファンにはたまらないところなんでしょうね。

収録作品

動物園のエンジン
サクリファイス
フィッシュストーリー
ポテチ

 
4月は3月に続いて映画に行けない(行かない?)まま終わりました。なかなか休みの日の時間が合わないという、、、タイミングの悪さもありました。3月のアンフェアに続いて4月もホリディのみという2か月連続1本ずつ不調のどん底です。好調だった2月目での貯金で、4月末現在は昨年並みなんですけど・・・

読書の方は、4月末までに昨年の20冊に対して19冊。でも、昨年の5月は9冊も読んでいるのです。しかも映画を6本見ている。GWは読書か映画か・・・・まずは時間の確保ができるかということよりも自分の調子アップと言うか、波に乗ることが重要かも。

★★★★★

|

« ロンドンに行こう | トップページ | 胃カメラ »

コメント

まだ読んでいませんが、黒澤ファン(笑)としては、読まねば!な一冊ですね。
マンネリも愛おしいものなんです、はい。
映画にかまけて、読書ペースがダウンしていますが、『檸檬のころ』の原作、気に入りました☆
映画観て、本読んで、「どちらも良い」って感じるのは、映画化が成功している例だなあ、なんて思いました。

投稿: 駄々猫 | 2007.05.01 16:17

黒澤ファンでしたか?
実は、伊坂さんの作品ではキャラの造詣が似ているので
私から見るとどれも同じに見えるのです。
結果、誰も覚えられないと(^^;
いろいろクロスで登場する人物に楽しみを感じる点が
あるでしょうけど、そういう方がうらやましいです。

私の中でせいぜい記憶にあるのは、案山子と成瀬と雪子くらいです(^^;

投稿: ごえもん | 2007.05.02 16:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/14900687

この記事へのトラックバック一覧です: フィッシュストーリー(伊坂幸太郎):

« ロンドンに行こう | トップページ | 胃カメラ »