« アンフェア(テアトルサンク1) | トップページ | 海辺のカフカ〈村上春樹) »

ホリディ(テアトルサンク2)

Holidayこの日の映画館は混雑していて、座った席の両側にも観客がいました。しかも、望んだわけでもないのに両側とも女性で、片方がキュートな女性で、もう片方が喜怒哀楽のはっきりした女性でした。でも、挟まれた私は緊張して(そんな年でもないのですが)映画に集中できませんでした・・・・(^^;

・・・とエイプリルフールの前置きは、これくらいにして、本題の感想です。
(ちなみに、映画館は10個離れた隣の席にも誰もいませんでした・・・)


4/1 13:00~ ファーストディ1000円

休日だし、しかも1日で映画が1000円なので、ホリディを見に行ってみました。
3月は1本の映画を見ただけに終わりましたが、今月はどうかな。見たい映画はあるのに見逃すことが多い最近です。

ホリディと言っても、せいぜい映画館で一人の時間を過ごす私ですけど、この映画は、ずっと大胆な設定です。それが非日常的でうらやましいくらいです(^^;

私の中では「チャーリーズ・エンジェル」のキャメロン・ディアスと「タイタニック」のケイト・ウィンスレットのお二人が主演です。共にクリスマスを前に恋に破れて、傷心の時に見つけた「ホーム・エクスチェンジ」の休暇が運命を変えてくれるってお話です。

そう、「お話」と言うのが似合うような小粋で楽しい話です。

予告編で何度か見ていたので結末が気になるところでしたが、おとぎ話のようにまあるくおさまりました(^^)。登場人物の性格描写がはっきりしていて、「こんな奴の言うことを聞いて、ふらふらするなよ」って観客席から言いたくなるシーンや、「決心しちゃえばいいのに」ってエールを送ったりしたくなるようです(^^;。それでいて、それぞれ魅力的で、脇役の老人すらカッコイイ感じでした。

映画の中では、なかなか面白いシーンがありました。
・googleで検索すると休暇の貸別荘のように相手が見つかるのだろうか?
・映画の音楽がいっぱいですけど「卒業」のシーンでは、ダスティホフマンにびっくり
・日本食ってブームなんですね。竹筒で冷酒をいただくなんて。

と言うことで映画のキャッチコピーには「人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある」とのことだったので、早速、私の休暇探しの診断をやってみました。

恋愛休暇診断
私は・・・・
南国エステだった!

★★★★☆
(クリスマス公開だったら一層雰囲気が高まった感じ)

|

« アンフェア(テアトルサンク1) | トップページ | 海辺のカフカ〈村上春樹) »

コメント

あまり期待せず観にいったのですが、
思いのほか、とてもよかったです。
4人の俳優さんがそれぞれが、持ち味を発揮して
素敵でした。
ダスティンホフマンも見られたし…。
あの脚本家の紳士がよかったですよね。
ファンになりました。
ただ、あのあと、遠距離恋愛がどうなるのか
気になるところです。

投稿: らずむっち | 2007.04.01 20:57

こんにちは、らずむっちさん。

予告編でも見ていたので、どういう組み合わせか
事前からわかっていましたが、持ち味が発揮と
言うのは全く同感です。

あの脚本家の紳士は少し気になったので
調べてみたら、イーライ・ウォラックと言って
荒野の七人に出ているとのこと。
そんな名前のガンマンはいなかったような
って思って自宅のDVDを引っ張り出してきたら
出ていました!!

しかし、カルヴェラと言う悪役のボス役です。
どうも悪役で鳴らしたみたいです。
年をとると人間も丸くなるなあ(^^)

私はてっきり遠距離恋愛はやめて
アマンダは仕事を捨てたのかと思いましたが??

投稿: ごえもん | 2007.04.01 21:44

2組とも遠距離恋愛ではなく、
仕事を捨てたのでしょうか?
ハッピーエンドが似合う話だから、
どう収まるのが一番幸せなんでしょう…。

投稿: らずむっち | 2007.04.01 23:21

そうか、あの2人なら仕事は捨てられないかな?
男もそれぞれ仕事があるしなあ。
となると遠距離恋愛なのかな。

でも、4人ともサラリーマンと違って、少しは自分が自由になる
職業なので居場所が違っても自分の才能でなんとか
やっていけそうなんだけどなあ。


投稿: ごえもん | 2007.04.02 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/14483001

この記事へのトラックバック一覧です: ホリディ(テアトルサンク2):

» エイプリルフール [たむ〜の暇つぶし]
今日はエイプリルフールですね♪ [続きを読む]

受信: 2007.04.01 17:34

« アンフェア(テアトルサンク1) | トップページ | 海辺のカフカ〈村上春樹) »