« 航空券確保 | トップページ | 英国ホテルマン日記(三沢春彦) »

酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記(恩田陸)

恩田さんの初のエッセイと言うとこで発売当時から気にしていた本ではありますが(特に地球の歩き方ガイドブック風の表紙で、このあたりに作風を予感させるものはあります)、今回ロンドン行が決まったので手にすることにしました。この紀行文はイギリス・アイルランドなんです。

でも、旅行記と言うよりも表題通りの「日記」とみた方がよくエッセー的に期待すると外れちゃう作品でもあります。大の飛行機嫌いの恩田さんが飛行機に乗る恐怖を語る部分が多く、それはそれで楽しめますが、大の飛行機好きの私とは話が合わないかも(^^;

しかし恐怖を紛らわすために飛行機の中で本を読むのがすごいです(さらに恐怖の本を選んだりして、お酒飲みの作者らしく迎い酒気分かな??)。そういえば、飛行機の中で上映される映画には、飛行機パニック映画はないとか聞いたけど、確かにそれは不安をあおるだけって感じもします。

ロンドンやダブリンでの雰囲気を書いた部分には面白いものがあるので、こうした部分だけをもっと読みたい気もしました。

★★★★

|

« 航空券確保 | トップページ | 英国ホテルマン日記(三沢春彦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/15039600

この記事へのトラックバック一覧です: 酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記(恩田陸):

« 航空券確保 | トップページ | 英国ホテルマン日記(三沢春彦) »