« フィッシュストーリー(伊坂幸太郎) | トップページ | 本所深川ふしぎ草紙(宮部みゆき) »

胃カメラ

健診を受けてきました。その中でメインイベントは、胃カメラです。初めて飲んだ時には、ずいぶん楽だと思ったのですが、実はその病院は胃カメラの前につらさを和らげる安定剤を打っていたのです。しらずに、次の健康診断でバリウムよりも胃カメラを選んだ私は嫌と言うほどつらい目にあいました。

あれから、もう10回以上胃カメラを飲んでいるけど、でも、このつらさは変わらないです。早期発見とは言え、10回以上もつらい経験をして、安心を得るってことでしょうか?例によって軽い胃炎はありましたが、正常と診断されたので1年間、安心します。

それにしても今日はずいぶんせきが出ちゃいました。そのたびに、医者が「咳はだめですよ、危険です。のどに傷が付きます」って言うのだけど、別に誰も好き好んで咳をしているわけじゃないのに・・・・

今日は最初の受け付けで、健診のメニューの説明で、「○○様、今ならご一緒にC型肝炎の検査も595円で受けられますが、いかがいたしますか」って聞かれた時に、思わず、マックのポテト販売のように感じてしました。受付の女の子、マックでのバイト経験でもあるのかな?(^^;

|

« フィッシュストーリー(伊坂幸太郎) | トップページ | 本所深川ふしぎ草紙(宮部みゆき) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/14934314

この記事へのトラックバック一覧です: 胃カメラ:

« フィッシュストーリー(伊坂幸太郎) | トップページ | 本所深川ふしぎ草紙(宮部みゆき) »