« 酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記(恩田陸) | トップページ | 俺は君のためにこそ死ににいく(福井シネマ2) »

英国ホテルマン日記(三沢春彦)

ロンドンのインターコンチネンタルホテルで働いて作者の実体験をもとに、海外ホテルの日本人スタッフの仕事の内容や、日本人客のトラブルなどを紹介しています。簡単に読める内容ですが、内容的には少し古くなったかなって印象を受ける本です。本自体は1998年に出版になっていますが、作者の働いていたのは1993年~とのことで、その時期は携帯電話の普及もネットもなかった時代ですから、当然、いろんなことが変わっています。
日本人のトラブルはよくありそうなことで、それほど新鮮味はなかったけど、チップの考え方などなるほどと感心するところもありました。

★★★☆

|

« 酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記(恩田陸) | トップページ | 俺は君のためにこそ死ににいく(福井シネマ2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/15058119

この記事へのトラックバック一覧です: 英国ホテルマン日記(三沢春彦):

« 酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記(恩田陸) | トップページ | 俺は君のためにこそ死ににいく(福井シネマ2) »