« The Wonderful Wizard of Oz: A Commemorative Pop-Up (The Childhood of Famous Americans Series) | トップページ | 螺鈿迷宮(海堂尊) »

ダイハード4.0

Dh47/1 10:20~ テアトルサンク1

最近、映画は滅多に見なくってタダ券(招待券)だけが数枚も手元にあり、だったらそれを使って見に行けばいいのに、今日は7月1日で1700円の映画が1000円で見れるとなると、なんだか招待券を使うのがもったいなくって・・・結局、1000円払ってみちゃいました。
12年ぶりとかいう話ですけど、過去の3作を見てきたものとして、この作品もお付き合いで見なくてはいけません。ブルース・ウィリスは2年違いなので同じような年なんですけど、昔からあんな顔だと50過ぎても変わらないものなんですね。

映画は安全が確保されたジェットコースター気分で見れました。アクション映画として、最後はマクレーン刑事が悪役を倒すと言うお約束なので、それはそれ、どんな危険な目にあっても安心して?ハラハラドキドキできました。でも、よくあれで生きていられますね。映画の中でも「まだ生きていたのか」といわれて、「よく言われるセリフだ」と応えていますが、まったく・・・この映画だけでも30回くらいは死んでいそう。

 
作品は4作目なので「ダイハード4」でいいのですが(むしろそうあるべきで、ダイハード自体が4つ進化したと言う意味なら4.0というバージョン番号が似合いますが)、あえて「4.0」としたのは、この作品がコンピュータにより制御されている全米の都市機能の壊滅をサイバーテロ組織との戦いであることからでしょう。サイバーテロ自体やハッカーの力を借りて解決に向かうと言う話の根底にあるものは珍しい話ではないですし、悪役のNo2であると思える女忍者も意外にあっけなかったし、ラストでの犯人がマクレーン刑事に銃を当てるシーンは、あの格好では危ないって私が思うほどだから詰めが甘いです(^^;

でも、犯人は過去のダイハードを見ていないんだろうから、マクレーンの馬鹿さ加減を知らないのかも。目的のためには自分を撃つことだってやりそうだって(^^;。沈着冷静な悪役に対して、マクレーンのこうしためちゃくちゃな作戦も何もないような行動が意外に、犯人の計画にほころびを作っちゃうのかも。そんなパターンは生きていた映画です。

★★★★★

|

« The Wonderful Wizard of Oz: A Commemorative Pop-Up (The Childhood of Famous Americans Series) | トップページ | 螺鈿迷宮(海堂尊) »

コメント

今日は一人で見に行ったのですけど、よく考えてみると、1000円の日に招待券を使うのはもったいない感じがしてって言いましたが、もうこれからは夫婦で行くと常に1人1000円なのでした!!
世間からお情けを頂くような年になったのかな(^^;
今度の映画には招待券を使おう!

投稿: ごえもん | 2007.07.01 14:41

はじめまして。

「RSD友の会」というブログを書いている「TOM」と申します。

「ダイハード4.0」がいよいよ封切りのようですね。

すぐにでも観てきたいところなのですが、体がきついので、ちょっと行くのがむずかしいです。

私は、映画は、「泣けるもの」(「半落ち」は泣けた・・・)や、ちょっと荒唐無稽なもの(「ハムナプトラ」シリーズや、「メンインブラック」シリーズなどは好きですね~~)、そしてCG満載のアクションもの(「ダイハード」、「スピード」など)、さまざまなジャンルを観ます。

さて、「ダイハード」のシリーズ1作目は、むか~~し観て、面白かった記憶があります。
2作目・3作目はテレビで何度も観たように思います。

そして、4作目ができると聞いて、いったいこの「おじさん」は、何歳になったのだろうか・・・と思いました。
あくまでも「アナログ」な「おじさん」ががんばるというストーリー展開なのでしょうか??

どうやら、「爆発に巻き込まれても」、「ヘリから撃たれても」、「戦闘機にミサイルを撃ち込まれても」、不死身の「おじさん」だという評判らしいですよね・・・。

ある意味、「死ぬことは許されない」という、この映画の設定なのだろうか・・・と思いますが、なかなかアクションは年齢的に大変でしょうね。

昔、「太陽にほえろ」の殉職シーンの回だけは、必ずTVの前に釘付けになって観ていましたが、「ダイハード」の辞書には、「殉職」という言葉はないのでしょうね・・・。。


素朴な疑問で申し訳ないのですが、なぜ「4」ではなく「4.0」なのでしょうか・・・・。

もしかして、映画を観ると謎が解けるのかな!?

投稿: TOM | 2007.07.01 16:07

こんにちは、TOMさん。

確かにこのシリーズには殉職ないのでしょうね。
たった一人で頑張るからですね。
今までも髪の薄い主人公でしたが、前作から
12年でどうなったかというと今度はスキンヘッド。
仲間だと思っていたのに(^^;

4じゃなくて4.0というのは
わざわざ4.0とまでいう必要ないとは
思うのだけど、サイバーテロに関して
プログラムなどのヴァージョンに
合わせたのでしょう。

最近はやりのweb2.0のように
進化したバージョンとして
ダイハードの第四世代版という
意味ならまた違った面白いものが出来るかも。

投稿: ごえもん | 2007.07.01 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/15613937

この記事へのトラックバック一覧です: ダイハード4.0:

» ダイ・ハード4.0 [シェルティ Pазум official site DIARY]
         映画「ダイ・ハード4.0」を観た。 今回のジョン・マクレーンは、サイバーテロとの戦い。 あらすじは… 「全てのシステムがデジタルによって制御されている現在。 そのシステムがテロの手に渡ってしまったら…という話。 サイバーテロにそれと知らず、協力していた ハッカーたちが次々と殺される。 ジョン・マクレーンの任務は、その中の一人を保護し、 D.Cに送り届けるだけはずだったが、 次々とテロリストに襲われ…」 おもしろかった。 話としては、今の世の中じゃこういうこともあるかもねえと 思... [続きを読む]

受信: 2007.07.21 21:18

« The Wonderful Wizard of Oz: A Commemorative Pop-Up (The Childhood of Famous Americans Series) | トップページ | 螺鈿迷宮(海堂尊) »