« 夏の甲子園へ福井商業 | トップページ | ありがとう、さようなら(瀬尾まいこ) »

サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ(大崎梢)

「配達あかずきん」でデビューして、成風堂書店に舞台にした日常の謎解きシリーズ三作目です。前の2作を読んでいないので、順番に読めばよかったかもしれません。

本屋さんの舞台裏がよくわかるので、本屋さんファンにはたまらない1冊です。付録の話やサイン会の話など、臨場感がいっぱいです。ただ表題作の「サイン会はいかが?」が一番長い作品でしたが(それでも100ページほど)ちょっとだらけちゃったかな。緊張感を持って読めなかったです。

本屋さんに興味のある人はぜひ。

 取り寄せトラップ
 君と語る永遠
 バイト金森君の告白
 サイン会はいかが?
 ヤギさんの忘れもの

★★★★

|

« 夏の甲子園へ福井商業 | トップページ | ありがとう、さようなら(瀬尾まいこ) »

コメント

本屋好きなので、要チェックです。
文庫本には、まだなっていないんですよね?

投稿: 駄々猫 | 2007.08.08 14:03

文庫本にはなっていないみたいですね。

配達あかずきん(2006/5)
晩夏に捧ぐ(2006/9)唯一の長編
サイン会はいかが?(2007/4)

となっていますが、配達あかずきんから読まれるのが
いいでしょう(私は読んでいないけど(^^;
1年後の夏には文庫本でしょうか?
(早すぎるかな?)
同じミステリフロンティアシリーズの
「アヒルと鴨のコインロッカー」は
文庫まで3年くらいかかっていますからね。

投稿: ごえもん | 2007.08.08 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/16022236

この記事へのトラックバック一覧です: サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ(大崎梢):

« 夏の甲子園へ福井商業 | トップページ | ありがとう、さようなら(瀬尾まいこ) »