« モンスターズインク | トップページ | 夕凪の街桜の国(こうの史代) »

楽園(宮部みゆき)

あの「模倣犯」から9年後、当時のフリーライターの前畑滋子を描く作品です、と書くとサイドストリー的話のようですが、この「楽園」だけでも十分に成り立つ話です。

何よりも、宮部さんは本当にうまいって改めて思わせる話の展開で、楽しく読みました。ただ、模倣犯との関連があるのでいろいろと言いたくなる面もあることは事実です。まあ、その前に作品自体を楽しんじゃいましょう(って言っても物語は楽天的な内容ではないのですけど(^^;)

以下は少々ネタばれになりますのでご注意ください。

前畑滋子の元に相談に来た気弱は母親は、死んだ息子に不思議な能力があったと言います。それは、その息子は絵が好きなのですが、いくつか描いた絵の中の1枚に、「両親が家の床下に娘の死体を16年間隠していた」と言う事件を思わせる絵があったのだといいます。しかも、その事件自体の発覚は火災発生でわかるのですが、なんと、その時点で絵を描いた息子は死んでいた、、、、さらに、調べていくと「模倣犯」の山荘を思わせる絵もあったのです。この死んだ少年は、超能力を持っていたのか、それとも、どこかで事件とつながりがあったのか・・・その謎を解くために滋子の調査が始まるのです。

このあたりの展開はどんどん物語に引き込まれていきます。本当にうまいのでしょうね。最後まで一気に読める内容でした。

「模倣犯」のことはよく出てきますので、先に読んでいることに越したことないという感じです。ただ、映画版の「模倣犯」(犯人の自爆と言う原作と違う結果を見てしまった)は、ちょっと違うのですけど、あくまでも原作の世界での9年後です。

私には「模倣犯」も面白く読めましたが、「模倣犯」ではいくつもの人物の物語を書きこんで、劇場型の事件に仕立て上げたのに対して、こちらの「楽園」は、前畑滋子を中心に話が進むために緊張感は途切れずに、最後まで一気読みの状態でした。事件性は劇場型から親子や家族などの内面性に移っている点も見逃せません。前畑滋子も大人になった雰囲気で、事件との調和もちょうどいいのかもしれません。事件そのものも「楽園」と「模倣犯」の互いに救われないベクトルの違いみたいなものを感じさせて、その点も感心しました。

ただ、どうしても、主人公がかぶると言うこともあり「模倣犯」を絡めてしまいますが、「山荘の絵」の謎は解決しないままですし、また前畑滋子の性格からして、この「山荘の絵」こそが重要な動機づけであったはずですし、その意味からも未解決ですまされる問題なのか疑問を持ってしまいます。

とにもかくにもレベルの高い作品だったと思います。物足りないという意見もあるようですけど、子供が4人いる私には十分に足りすぎるほど足りて、怖くて切ない話です(^^;

★★★★★☆殿堂入り


余談ですが、直木賞の「まほろ駅前多田便利軒」(三浦しをん)の多田君はかなりワイルドな印象を受けましたが、この作品の多田君は「小鳥のような」青年。う~~ん、、、まあ、犯人じゃないからいいか(^^)

|

« モンスターズインク | トップページ | 夕凪の街桜の国(こうの史代) »

コメント

「楽園」読みました。
私も山荘の絵がどうして描かれたのかが
書いてないのが「あれ?」と思いました。
テーマが「親」としては辛すぎて、作品として
冷静に判断しにくかったです。

投稿: らずむっち | 2007.08.14 21:51

こんにちは、らずむっちさん。

山荘の話を出さなくても物語全体から言えば
問題がないような気もいますが、それでは
模倣犯で傷ついた滋子の再起動の動機づけが
できなかったのでしょうか?
う~~ん、私にはちょっと分からないです。

親と言う場合でも、母と子供の関係に
重心があるから、私としてはちょっと
辛さが違ったかもしれません。

でも、登場人物のどの女性も結構強い生き方を
していますよね。そっちの方が感心。
私はスイカ割りでもやって留守番だな(^^;

投稿: ごえもん | 2007.08.14 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/16083649

この記事へのトラックバック一覧です: 楽園(宮部みゆき):

« モンスターズインク | トップページ | 夕凪の街桜の国(こうの史代) »