« サイドカーに犬(メトロ会館) | トップページ | ニッポン歴代総理57人の実力 »

ねじの回転(恩田陸)

時間を逆行できる技術の開発で、歴史介入を行い、取り返しのつかない人類の危機を招いたために、再度同じ歴史を再生するという奇抜な設定です。なかなかその背景が見えてこなくて、読者はいきなり不気味な状況と、二・二六事件の真っただ中に放り投げられるようです。この事件については歴史の時間に習ったくらいで、あとは何も知らないだけど(唯一、福井県から総理大臣になった岡田啓介が狙われたけど、射殺した相手が弟で間違われたというのは、福井の者だから知っているけど)、この小説の中では人物がいきいき描かれていて、この事件の流れがよくわかります。なるほど、こんなことがあったのかと改めて勉強になった次第です。

当初、時代的にも宮部さんの「蒲生邸事件」風かなと思ったのですけど、これが、読んでいるうちに井上夢人さんの作品の不気味さのひたひたさ(なんて表現があるのか?(笑))って感じがしました。人類の危機の兆候が二・二六事件のさなかに出てくるあたりは、緊迫のシーンでしたが、ラストは意外にライトによくあるメビウスの帯みたいなパターンって感じでした。時間を扱うとこうなることも多いですね。

★★★★★

|

« サイドカーに犬(メトロ会館) | トップページ | ニッポン歴代総理57人の実力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/16155133

この記事へのトラックバック一覧です: ねじの回転(恩田陸):

« サイドカーに犬(メトロ会館) | トップページ | ニッポン歴代総理57人の実力 »