« ニッポン歴代総理57人の実力 | トップページ | 夕凪の街 桜の国(コロナワールド5) »

安倍晋三の本性(俵義文他)

安倍さんの「美しい国へ」を読んでいたときに漠然と感じていた「危うさ」みたいなものを、この本ではかなり明示的に書いています。私はこの本の論評のように、明確には思わないまでも、ここの書かれているような方向性が匂うとは思うのです。

特に印象深いのは、安倍首相のイメージがソフトなだけに、その裏に「普通の顔をした右翼の時代」がやってきていると言うところです。とは言え、最近の首相の行動では決断力やリーダー力に「?」が付くあたり、安倍さんは参謀的な役割がお似合いかもしれないですね。

さらに、小泉政治の後継者のようであって、実は利益誘導型政治家であることが書かれている点も興味深いものです。ものは取りようっていう点もあるけど、こうした見方もあるという点ではなかなか面白い本でした。

★★★★☆

|

« ニッポン歴代総理57人の実力 | トップページ | 夕凪の街 桜の国(コロナワールド5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/16169563

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三の本性(俵義文他):

« ニッポン歴代総理57人の実力 | トップページ | 夕凪の街 桜の国(コロナワールド5) »